photoshop

Photoshopで合成をなじませるプロのテクニックを解説

photoshop

この記事ではPhotoshopを使った合成をなじませるプロのテクニックをご紹介します。

Renton
Renton

僕も仕事でよく合成をする事があるのですが、
クオリティの高い合成はプロでも難しいものです。

ただ素材を切り抜いてパッと貼り付けるだけでは、合成感丸出しの素人クオリティになってしまいます。

僕もプロとして働き始めた頃は、合成の技術が低く、色々と試行錯誤してきました。

毎日毎日合成を繰り返してきて分かってきたことや、技術や知識を踏まえてプロが合成時に意識するテクニックとしてまとめてみました。

ご紹介するテクニックを意識して合成をすれば、今までの合成より少なからず自然な合成が出来るかと思います。

スポンサーリンク

【合成をなじませるテクニック1】境界線を意識する

まず、Photoshopで合成をなじませるテクニックとして、「境界線を意識する」ことです。

どうして切り抜いて画像を置いたままだと違和感が出るか?

それの大きな理由に「境界線がパキッとしていてベースの画像となじんでいない」という事が考えられます。

一発撮りの自然な写真の細部をよーく見てみます。特に物と背景との境界線に注目してください。

どうですか?物と背景の境界線はよーく見るとボケていて色がパキッと分かれていませんよね?

Renton
Renton

合成するときもこのような状態に近づけることが出来れば
違和感が軽減されます。

僕がよくやっているのは切り抜いた素材の輪郭線を少しだけボカしています。そうするだけでだいぶ背景の素材と馴染みます。

 

その際はレイヤーマスクを使用する事が多いです。後でいくらでも修正が出来るのが便利なためです。

レイヤーマスクとは?Photoshopのレイヤーマスクの使い方を解説
Photoshopでレイヤーマスクを使って画像の切り抜きや合成する方法を解説します。プロも多用するレイヤーマスクを使えば、境界線をぼかしながら自然に切り抜きや合成ができるので、クオリティを上げたい方におすすめの記事です。
スポンサーリンク

【合成をなじませるテクニック2】光の当たり方、色味を意識する

Photoshopで合成をなじませるテクニックとして次にポイントなのが、光の当たり方や色味を合成元の画像と揃える事です。

暗いとこで撮った写真に、光が当たって明るい写真素材を合成すれば、当然違和感が出ます。

Renton
Renton

合成元の写真は左から光が当たっているのに、切り抜いて持ってきた画像は右から光が当たっている場合も当然違和感が出ます。

POINT違和感=自然でないとは、言い換えれば合成感があるという事に直結する

さらに写真には青白い写真だったり、少し赤みがかった写真など、撮影した環境や撮影した機材などにより微妙に異なります。

色味も意識しないと色味が全然違うもの同士を組み合わせても不自然です。

色味は画像補正である程度揃える事が出来るので、切り抜いた素材が無駄!と切り捨てずまずは色味を調整して違和感が出ないよう合わせてください。

Photoshopのチャンネルミキサーの使い方をRGBとCMYKに分けて徹底解説
チャンネルミキサーを使えば狙った色をピンポイントで編集することができるので、変更したい色に簡単に近づける事が出来ます。カラーモードによって操作が変わってくるので、モードごとに分けて初心者の方にも分かりやすいように解説しています。

【合成をなじませるテクニック3】ピントの位置を意識する

Photoshopで合成をなじませるテクニックとして写真のピントも重要です。

写真によってどこにピントが合っているのかを把握して、合成する素材と合わせなければ違和感が出ます。

Renton
Renton

切り抜いた素材はピントが合っているのに、
ピントが合っていなくてボケている場所に配置すれば当然浮きます。

解決方法として、ピントが合っている場所に合成してあげれば違和感は和らぎます。

もしどうしても場所を変えられない場合は、背景のボケ具合に合わせて切り抜き素材もボカしてあげる必要があります。

スポンサーリンク

【合成をなじませるテクニック4】映り込みを意識する

Photoshopで合成をなじませるテクニックとして「映り込み」も重要です。

映り込みとは普段あまり聴き慣れない方もいるかと思いますが、背景の色や光源が反射して対象物に映る事を意味します。

Renton
Renton

よく撮影した本人が商品の反射に映っている事などがありますが、
あれも映り込みです。

プロの現場ではこの映り込みはかなり意識されます。

特に化粧品など表面がツルツルしている物などは綺麗に反射するので映り込みが目立ちます。

この撮影者や撮影した背景が商品に映り込むのも合成時に意識して欲しいポイントではありますが、それ以上に背景の色が映り込んでいる場合には注意が必要です。

POINT映り込みは自然現象なので、むしろ背景の色が映り込んでいる方が自然な仕上がりになります。

自然な映り込みならあえて消す必要はありませんが、合成する画像同士の境界線に色の差があり過ぎると不自然になります。

例として下の画像をみてくだい。

Renton
Renton

このようにそもそも黒背景で撮られた写真を切り抜き、全く逆の白背景の素材に合成すると、違和感が出ます。

なるべく黒背景で撮られた写真は同じ黒背景に合成するとなじみやすくなります。

プロの現場でも合成するのがわかっている場合は背景の色と合わせてそれぞれ写真を撮って合成します。そのほうが圧倒的に綺麗に仕上がるからです。

ですが、どうしても難しい場合は色が映り込んでいる場所だけを選択して背景の色味に近づける調整をしてあげれば不自然さは和らぐと思います。

スポンサーリンク

Photoshopで合成をなじませるテクニックのまとめ

Photoshopを使った合成をなじませるプロのテクニックをご紹介しました。

他にも多くのポイントがあるかと思いますが、経験上改善すれば、大きくクオリティをあげられるであろうと思うところを解説しました。

POINT合成する上で重要なのは「より自然である状態に近づける」こと

違和感を少しずつでも取り払われていけば自ずと自然な合成が出来る様になると思います。