Adobe stock(アドビストック)の料金と特長を徹底解説

Adobe StockはAdobeが提供するストックサービスです。

Adobe CCユーザーであればAdobe stockという名前は聞いた事あるけど、実際どんなサービスなのか、料金体系などの詳細は詳しく知らない人も多いはずです。

そこでこの記事ではAdobe stock(アドビストック)とはそもそもどんなサービスで特長や料金などの気になる情報を詳しく解説しています。

この記事でわかる事
  • Adobe stock(アドビストック)とは
  • Adobe stock(アドビストック)のメリットやデメリット
  • Adobe stock(アドビストック)の料金やプラン
  • Adobe stock(アドビストック)を無料で使う方法
  • Adobe stock(アドビストック)の購入方法

Adobe stockはAdobe CCユーザーには仕事効率を上げる業界トップクラスのストックサービスなので是非この記事を参考にして検討してみてください。

Adobe stockと連携が可能なAdobe CCをまだ持っていない方はこちらのAdobe CCを安く購入する方法を参考にしてください。

\ 今なら30日間の無料体験が利用できる /

目次

Adobe Stock(アドビストック)とは

Adobe StockとはAdobeが提供するストックサービスです。

写真やイラストだけでなく、編集が可能なベクターデータやビデオデータ、オーディオデータまで3億点以上の高品質のロイヤリティフリーの素材がダウンロードして使用可能なサービスです。

Adobeが提供するストックサービスという事でクリエイターが使いやすい仕様になっています

  • Adobe CCとの連携が可能
  • 検索フィルターが優秀で検索時間を時短できる
  • プロも納得の高品質素材
Renton

あとで詳しく解説します!

Adobe Stockはクリエイターにとって最高のストックサービス!

Adobe StockはAdobe CCコンプリートプランには含まれない

よく勘違いしている方もいますが、Adobe Stockは通常のAdobe Creative Cloudのコンプリートプランには含まれない有料ストックサービスです。

Creative CloudコンプリートプランはAdobeソフトや一部のサービスが使い放題になるサブスクプラン

Renton

コンプリートプランだからAdobe Stockも無料で使い放題という訳にはさすがにいかないようです…

Adobe CCメンバーシップをアップグレードすればAdobe Stockも含まれるプランにすることは可能

Adobe Stock(アドビストック)の料金とプラン

まずAdobe Stockには大きく分けると「サブスクリプションプラン」と「クレジットプラン」の2種類があります。

Adobe Stockの料金プラン

定期的に素材を使いたい方は「サブスクリプションプラン」、欲しい素材があるが今後も定期的にAdobe Stockを使う予定がない方は「クレジットプラン」がおすすめです。

サブスクリプションプラン(年間プラン/月々プラン)の料金

Adobe Stockのサブスクリプションプランには「年間プラン(月払い)」と「月々プラン」の2種類の料金プランがあります。

スクロールできます
アセット数/月 月々プラン年間プラン(月払い) 
通常ライセンス素材 10 点/月
※月々プランの場合3点/月
3,828円/月
1点あたりの単価 1,276円
3,828円/月
1点あたりの単価 383円
通常ライセンス素材 25 点/月
または HD ビデオ 3 本/月
9,328円/月
1点あたりの単価 373円
6,578円/月
1点あたりの単価 263円
通常ライセンス素材 40 点/月
または HD ビデオ 6 本/月
13,068円
1点あたりの単価 327円
10,428円/月
1点あたりの単価 261円
通常ライセンス素材 750 点/月
または HD ビデオ 25 本/月
32,978円
1点あたりの単価 44円
27,478円/月
1点あたりの単価 37円
2022年12月時点

このようにAdobe Stockはダウンロードできる素材の数によって料金プランが異なります。

年間プラン(月払い)の方が月々プランよりもお得に利用できる

スクロールできます
料金プラン メリットデメリット
月々プランいつでも解約が可能コスパが悪い
年間プランコスパが良い解約が年に1度だけ

コスパを考えると年間プランがおすすめですが、ただ、解約が1年ごとなので最低でも1年使う予定がない方は要検討です。※正確には解約はできるが損が出る(違約金が発生)

クレジットプラン(単品購入)の料金

Adobe Stockのクレジットプランは必要な時に必要な素材だけを購入できる単品購入プランです。

スクロールできます
クレジット点数プラン料金1点あたりの単価
56,490円1,298円
1617,600円1,100円
4039,600円990円
8074,800円935円
150132,000円880円

クレジットプランは「クレジット点数」で管理され素材によって必要なクレジット点数が変わってきます。

スクロールできます
コンテンツ使用点数
ビデオ8〜20
プレミアム画像12〜50
プレミアムテンプレート2〜4
プレミアム3D2〜10
※クレジット1点あたり

クレジット点数は通常の素材であれば1枚1点で購入できますが、動画やプレミアム画像などは複数点数必要になります。

Renton

100円ショップのように基本100円だけど良品については300円、500円しますよ!的なイメージです

クレジットパック150を利用した場合

  • 通常素材なら150点ダウンロード可能
  • HDor4K動画なら18点ダウンロード可能 ※8点の動画換算
  • プレミアム画像なら12点ダウンロード可能 ※12点の動画換算

ちなみにクレジットの有効期限は購入日から6ヶ月です

サブスクリプションプランとクレジットプランの違い

「サブスクリプションプラン」と「クレジットプラン」には料金体系以外にも違いがあります。

サブスクリプションプランでは利用できない素材がある

スクロールできます
素材内容利用の可否
写真
イラスト
ベクター
3D
テンプレート
ビデオ
プレミアムコレクション

このように「ビデオ(動画素材)」と「プレミアムコレクション」はクレジットプランでのみ購入が可能です。

ビデオやプレミアムコレクションを利用したい場合はサブスクプランを利用していても別途クレジットを購入する必要があります

プレミアムコレクションとは

プレミアムコレクションとはAdobe Stockの中でもトップクラスのクリエイター作品を厳選した素材のことを指します。

プレミアムコレクションはプレミア料金が追加されているので通常素材と同じようにサブスクリプションプランでダウンロードする事ができません。

プレミアムコレクションの特長
  • 世界トップクラスの厳選されたクリエイター作品
  • 印刷回数の制限なし
  • 解像度のパターンがある(高画質ほど高額)
Renton

Adobe Stockの中でも最高峰の素材の為どうしても利用したい場合はクレジットプランで購入する必要があります

\ 今なら30日間の無料体験が利用できる /

Adobe Stock(アドビストック)を無料で使う方法

Adobe Stockは基本的に有料ストックサービスですが、無料で利用できる方法もありますのでご紹介します。

Adobe Stockの30日間の無料体験

Adobe Stockを初めて利用する場合「30日間の無料体験」を利用することができます。

30日間無料体験の詳細

  • 通常アセット10点/月プランが無料で利用可能
  • 30日間無料体験期間中の解約可能
  • 未使用ライセンスは繰越可能

通常アセット10点/月プランが無料で利用可能になるだけでなく期間中に解約すれば完全無料でAdobe Stockを利用することができます。

Renton

Adobe Stockにはどんな素材があるのかな?など迷っている方は絶対に利用した方が良いです!

Adobe Stockの解約は少し複雑です。Adobe Stockの解約方法を知りたい方はこちらのAdobe Stockの解約方法 | 違約金やライセンスなど気をつけたいポイントを徹底解説を参考にしてください。

Adobe Stockの無料コレクション

なんとAdobe Stockには無料で利用できる素材もあります。

数は通常素材と比べるとそこまで多くないようですが、無料素材も商用利用可能なので無料で利用できるなら積極的に利用するのが良いと思います。

Adobe Stock(アドビストック)のメリット

Adobe Stockにはたくさんのメリットがあります。

  • 商用利用が可能
  • 検索がしやすい(フィルターが充実していて超優秀)
  • 編集可能なベクターデータを利用できる
  • Adobe CCとの連携が可能
  • 印刷にも耐えられる高解像素材
  • 未使用のクレジットは翌月に繰り越しが可能
Renton

1つずつ詳しく解説していきます

商用利用が可能

Adobe Stockでダウンロードできる素材は全て商用利用が可能です。

ポスターやチラシなどの印刷物からブログやサイトなどのWEB媒体まで幅広く、プロの方でも安心して使える素材がAdobe Stockには揃っています。

素材ごと権利を確認する必要なし

検索がしやすい(フィルターが充実していて超優秀)

Adobe Stockを利用して驚いたのが「検索のしやすさ」です。

目当ての素材を見つけるまでの過程や時間をなるべく時短出来るように検索フィルターが細分化されていて目当ての素材に辿り着くまでが他サービスに比べて圧倒的に早いです。

スクロールできます
検索フィルター項目 フィルター内容
アセットタイプ画像なのかビデオなのかという素材形式
サブカテゴリー写真 / イラスト / ベクターから選択
使用頻度の低い順新着の素材から並べる
アーティスト自国のアーティスト / 海外のアーティストかを選択
背景透明orそうでないかを選択
方向横長 / 縦長 / 正方形 / パノラマから素材の比率を選択
コピースペースコピーを入れるスペースがある素材かない素材かを選択
被写界深度背景のぼけ具合を選択
色の鮮やかさ素材の色の鮮やかさを選択
人物人物を含む素材かそうでない素材かを選択
サイズ最小の幅と高さを入力してフィルタリング
カラー素材全体のカラーを選択
2022年12月現在

検索フィルター項目は「チェック式」が多いので、探している素材の条件に合わせてチェックを入れていくだけで目当ての素材が絞られて検索されます。

素材探しの時間を劇的に短縮できるのでクリエイティブ作業により時間がさけるようになる

Renton

忙しいクリエイターには最高のサービスです

Adobe Stockの詳しい使い方はこちらのAdobe Stockの使い方を現役デザイナーが解説を参考にしてください。

編集可能なベクターデータを利用できる

Adobe Stockはフォトストックサービスとは違い、編集可能なベクターデータを利用が可能です。

色を変更したり、形を変えたりが出来るベクターデータは主にIllustratorで使用することが多いのでグラフィックデザイナーには有難いストックサービスです。

ダウンロードした素材を自分の好きに編集が可能

ベクターデータについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

Adobe CCとの連携が可能

Adobe StockはAdobe CCとの連携ができるのも魅力の1つです。

普通に検索なども出来ますがPhotoshopやIllustratorから直接使いたい素材を探すことができます。

  1. PhotoshopやIllustratorで作業
  2. 作業を進める上で「ここにこんな素材欲しいなぁ」と気づく
  3. PhotoshopやIllustratorから直接Adobe Stockを開く
  4. 欲しい素材を「マイライブラリー」に保存
  5. ダウンロードした素材をPhotoshopやIllustratorで開く

Adobe CCと連携させればこんな使い方も可能です。無駄が無くスムーズに素材をダウンロードして利用できるのはAdobe Stockの利点です。

Renton

購入しなくても低画質サンプルでプレビューすることも可能です

印刷にも耐えられる高解像素材

Adobe Stockでダウンロードできる素材はすべて「高解像度」です。

WEBだけの使用なら問題はありませんが、ポスターなど印刷を想定した制作物にも利用できるほど高解像ですので安心です。

未使用のクレジットは翌月に繰り越しが可能

Adobe Stockでは未使用のクレジットは翌月に繰り越しが可能です。

類似サービスのshutter Stockなどは使わなかった分の翌月繰越しは不可で使わなかった分は消えてしまうのでAdobe Stockのメリットの1つです。

Renton

焦って使い切る必要もありません

Adobe Stock(アドビストック)のデメリット

Adobe Stockはメリットが多い有料ストックサービスですが、デメリットはあるのでしょうか?そこまで多くないですが1つ1つ解説します。

日本人の写真素材が少ない

Adobeが日本の企業ではない為仕方がないですが「日本人の写真素材が少ない」です。

少ないと言っても全く無い訳ではありませんので、その辺りは他のストックサービスと遜色はないかと思います。

日本人の写真素材をメインで使いたい方は1度Adobe Stockの無料体験で実際に検索してどれくらいヒットするかをみることをおすすめします。

サブスクプランの場合更新が自動

Adobe Stockではサブスクリプションプラン(月額制)の場合、自動更新になります。

使い続ける人にはむしろ手間が掛からず有り難いですが、そろそろ辞めようと思っていた人や使わなくなった人にとっては解約のし忘れはデメリットになり得る可能性があります。

Renton

有料ストックサービスは自動更新が一般的です

解約すると未使用のライセンス権利も失う

Adobe Stockのサブスクリプションプラン(年間プラン/月々プラン)では契約の途中で解約すると残っている未使用のライセンスも使えなくなります。

解約する場合でもなるべくクレジットを使い切ることをおすすめします

Adobe Stockの解約するときの注意点はこちらのAdobe Stockの解約方法で詳しく解説しています。

Adobe Stock(アドビストック)の登録・購入方法

続いてAdobe Stockの登録方法について解説します。初めてAdobe Stockを利用される人は「30日間の無料体験」が適用されるので無料体験から始められる手順で解説していきます。

STEP
Adobe Stock公式サイトで「料金プラン」をクリック

まず、Adobe Stock公式サイトに移動します。その後右上にあるメニューから「料金プラン」を選びます。

この画面で利用したい料金プランを選べます。

Renton

おすすめは「年間プランの素材25点か素材40点」です!

STEP
利用したい料金プランの「無料体験を開始」をクリック

利用したい料金プランが決まったら、利用したい料金プランの「無料体験を開始」をクリックします。

STEP
メールアドレスを入力(またはログイン)

次にログインをします。選んだプランの内容を確認したら、FacebookかGoogleでログインもしくは電子メールアドレスを入力します。

Adobe Stockを初めて利用する人はメールアドレスを入力しアカウントを作成してください

STEP
支払い情報を入力

最後に支払い情報を入力すれば登録完了です。お持ちのクレジットカード情報と請求先住所を入力します。

クレジットカード情報を入力しますが、実際に料金が発生するのは無料体験終了後なのでご安心ください。

Adobe Stock(アドビストック)の料金と特長まとめ

Adobe Stockの料金と特長を解説してきましたが長くなったので最後にまとめます。

結論Adobe Stockはプロも認める優秀な有料ストックサービス

Adobe Stockはクリエイターの仕事効率を上げる業界トップクラスの優秀なストックサービスです。

  • Adobe CCとの連携が可能
  • 検索フィルターが優秀で検索時間を時短できる
  • プロも納得の高品質素材
  • 全て商用利用可能

もちろんクリエイターではない人など全ての人におすすめ出来ます。

Renton

利用料金も他の類似有料ストックサービスと比べて遜色ありません。(むしろ安い…!)

類似サービス「ShutterStock」との比較

よくAdobe Stockは類似ストックサービス「ShutterStock」と比較されることが多いです。

ShutterStockも仕事で利用していて決して悪くはないですが、Adobe Stockの方が優れている点が多い為、これから腰を据えて利用するならAdobe Stockだと思います。

Renton

ShutterStockはAdobe Stockのように「Adobe CCとの連携」や「検索フィルター」が無いのがネックです

ShutterStockも良いサービスなのでもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

Adobe StockはAdobe CCと連携させるのがベスト

Adobe Stockの利便性を最大限発揮するには「Adobe CCとの連携」が必要です。

Creative Cloudコンプリートプラン(Adobe CC)とAdobe Stockは別料金ですが、Adobe CCを通常よりも3万円以上も安く購入する方法があります。

Adobe CCを3万円以上も安く購入する方法はこちらの記事で詳しくまとめていますのでまだAdobe CCを持っていない方は参考にしてください。

Adobe Stockを始めるならまずは無料体験から

Adobe Stockは優秀なストックサービスなので利用してみたい人は多いかと思いますが、初めて利用するなら「30日間の無料体験」がおすすめです。

30日間Adobe Stockを無料で利用できるので、今後利用を検討している人におすすめ

Renton

期間内なら解約可能です

まずは無料体験から始めてAdobe Stockを使い倒してください。

\ 今なら30日間の無料体験が利用できる /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Rentonのアバター Renton グラフィックデザイナー

制作会社でグラフィックデザイナーをしているRenton(レントン)です。
都内在中でデザイナー歴9年目です。
パッケージデザインからCI・VI、広告や販促ツール、Webやイラストなどを中心としたグラフィックデザインやトータルブランディングを仕事にしています。

目次