Photoshopでペンツールを使った画像の切り抜き方

adobe Photoshopのペンツールを使って、クリッピングパスによる画像の切り抜き方を解説します。

自動選択ツールはPhotoshopが色の差を勝手に判断して切り抜く方法ですので、画像によってはどうしてもうまく切り抜くことが出来ない場合があります。

Renton

ペンツールで切り抜く方法は人間が判断して手動でやるので、自動選択ほど簡単にはいかず、手間もかかります。

ただ、ペンツールによる切り抜き方法なら基本どんな画像も切り抜くことができます。ですので、ペンツールによる正しい切り抜き方法は基本として会得したいテクニックです。

目次

Photoshopのペンツールで画像を切り抜く

まずadobe Photoshopを起動させ、Command+Nで新規ドキュメントを立ち上げます。次に、切り抜きたい画像をPhotoshopで開きます。ここではりんごを切り抜きたいと思います。

ここまで準備が出来たら左のツールバーにあるペンツールを選択します。

Renton

ペンツールはIllustratorだけでなくPhotoshopにもあります。基本的な使い方や概念は一緒です

ペンツールを持ったら切り抜きたいりんごの輪郭をベジェ曲線を使って1つのパスにします。

なぞり終わるとこんな感じになります。

次に“パスパネル”を確認します。

  1. メニューバー
  2. ウインドウ
  3. パスをクリックして表示させます

パスをクリックするとサムネイルの中に先ほどベジェ曲線で作ったりんごのシルエットがあり、“作業用パス”と表記されています。

この状態だと保存されていない仮の状態なのでまず保存します。

次に“詳細”をクリックします。パスパネルの上右端の4本の横線のアイコンが詳細メニューになります。

この中から“パスを保存”をクリックします。

すると、先ほどまで作業用パスという名称が“パス1”という名称に変わりました。これで先ほどのパスは保存されました。

Renton

パスを保存しておけば、後から編集が可能になります。

最後に同じ詳細メニューから“クリッピングパス”をクリックします。

するとどのパスにするか選択できるので、ここでは先ほど保存した“パス1”を選択した状態でOKをクリックして完了です。

Renton

パス1という名称がふくろ文字になっていると思います。これで先ほどのパスの形で切り抜かれた状態のデータになりました。

Photoshopのクリッピングパスのメリット

【メリット1】後から切り抜きの形を調整することが出来きる

パスを保存しておけば、ペンツールを使って形の調整が後からすることができ、切り抜きをやめたい場合はクリッピングパスを外すだけという利便性があります。

背景画像を保ったままボタン1つで切り抜きかそうかを切り替えられるのは大きなメリットです。

【メリット2】eps形式でも切り抜き状態を保つことが出来る

クリッピングパスはeps形式であれば切り抜きパスを維持することができ、イラレなどに配置すると切り抜かれた画像として扱えるのがメリットです。

  • psd形式だとデータサイズが大きくなって不便で、jpeg形式だと切り抜きパスを維持することができません。
Renton

eps形式だとpsd形式よりデータサイズを抑えながら切り抜き画像として扱えるのでおすすめです。

eps形式のファイルはイラストレーターデータ(ai)とも相性が良いため、クリッピングパスを使った切り抜きなら積極的に使って欲しいです。

Photoshopでペンツール を使った切り抜きのまとめ

adobe Photoshopのペンツールと使った画像の切り抜き方法でした。

クリッピングパスを使用した方法なら背景と切り抜きたい境の色差がなく、自動選択ツールで綺麗に切り抜けない時に重宝します。

Renton

自動選択ツールよりペンツールでの切り抜きは綺麗に切り抜くことが出来ます。

また切り抜きたい場所を自分で選ぶことが出来るので、どんな画像にも万能です。

是非試してください。

この記事のまとめ
  • ペンツールで切り抜きたいパスを作る
  • パスを保存する
  • クリッピングパスをかける

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる