Illustrator

グラフィックなどの印刷や入稿データの作り方を現役デザイナーが解説

Illustrator

ネット印刷やオンライン入稿する際に必要なイラレでの入稿データの作り方についてご紹介します。

ネット環境が普及して印刷会社に印刷をオンラインで依頼する機会は増えてきています。

Renton
Renton

年賀状、暑中見舞いや寒中見舞いなどから、名刺やチラシなど印刷サービスはとても便利になってきています。

しかし、正しい入稿データを作成できないと、思い通りの印刷仕上がりにならなかったり、最悪印刷会社から断られてしまうケースもあります。

そこで、現役グラフィックデザイナーが年賀状や名刺などの印刷物における正しい入稿データの作り方をご紹介します。

細かい工程やポイントはよりも、最低限入稿データでしておかなければいけないポイントに絞ってご紹介します。

印刷やデザインの知識がない人にもわかりやすいように解説します。

スポンサーリンク

入稿データで最低限確認しておくポイント

まず、入稿データで最低限必要な作業&確認が大きく分けて3つあります。

POINT

トンボを付けて塗り足しを付ける
文字をアウトライン化する
リンク画像を確認する

この3つは最低限必要です。

印刷会社によっては多少の違いはありますが、基本的にはこの3つはどこも共通で製作者にお願いしているポイントだと思います。

Renton
Renton

もっと言えば、この3つがしっかりと出来ていれば、とりあえず入稿できるデータになるということです。

この記事ではAdobe社のIllustratorで制作した入稿データを基本に解説していきます。

Illustratorのバージョンが違えど、基本的なことはどのバージョンでも共通です。

スポンサーリンク

トンボ(トリムマーク)と塗り足しを付ける

まずはトンボと塗り足しを付ける事をします。

いきなりで申し訳ありませんが、「トンボ」と「塗り足し」は印刷用語です。

トンボとは

印刷は基本的にCMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)の4つの色を1枚の紙に重ね合わせ色を表現します。

その4色を重ねる際の“しるし”となるもので、そのトンボを基準に断裁や印刷のズレの調整などを行うものなので、入稿データには必須になるものです。

トンボという名称の他に「トリムマーク」とも呼ばれます。

塗り足しとは

印刷物の多くは機械で“断裁”(紙を指定の大きさにカットすること)を行います。

その際に、断裁が数ミリズレることがあります。というより数ミリだと紙の厚さなどの様々な理由でほぼズレます。

なので、断裁した時にズレてもデザインが途切れないように、初めから断裁ラインよりも外側までデザインを足しておく必要があります。それが塗り足しです。

塗りたしは基本的に「左右上下3mmづつ」付けることになっています。

このように3mmずつデザインを足すので、結果的にW(横)150mm×H(高さ)100mmの仕上がりサイズであれば、塗り足しを含めるとW(横)156mm×H(高さ)106mmのサイズにする必要があります。

Renton
Renton

印刷範囲の端が1色のベタ塗りであれば、そのまま3mmずつ伸ばすだけです。

しかし、印刷範囲の端が画像であったり、柄などの場合は、それらも3mmずつ伸ばさなくていけません。

POINTはじめから入稿時には3mmずつ塗り足しがつくことを想定しながらデザインを制作するのがおすすめ

あとで、塗り足しをつけるための調整などは面倒です。

トンボと塗り足しの付け方などの詳しい方法はこちらの記事で解説しています。塗り足しの正しい付け方などを丁寧に解説していますので参考にしてください。

イラレでのトンボ(トリムマーク)設定や塗り足しの作り方をプロが解説
イラレで印刷時に必要なトンボ(トリムマーク)の設定方法や塗り足しの正しい作り方をプロデザイナーが解説します。トンボ(トリムマーク)とは?塗り足しとは?という基礎から注意するポイントまでを丁寧に解説しているのでデザインに関わる人全てにおすすめです。
スポンサーリンク

文字をアウトライン化する

次に文字をアウトライン化します。

POINT

アウトライン化とは、打ち替えることができるテキストデータをパス化すること
ショートカットキー : Command+Shift+O

印刷会社にデータを渡す際は必ず文字のアウトライン化をする必要があります。

なぜアウトライン化する必要があるかというと、フォントは基本的にインストールされている環境下でないと開きません。

なので、皆さんがお使いのフォントが入稿先の環境にない場合は違うフォントで置き換わってしまいます。

Renton
Renton

せっかく選んだフォントが印刷したら違うフォントになっていた!という状況になり得る可能性があります。

そのようなトラブルを防ぐために、印刷会社ではアウトライン化されていないデータは印刷を受け付けてくれない事がほとんどです。

打ち替える事のできるテキストデータからアウトライン化してパス状態にしてしまえば、どんな環境下で入稿データを開いてもデザインが変わらない状態になります。

このような理由から入稿データではアウトライン化は必須です。

リンク画像を確認する

最後にリンク画像の確認をしてください。

POINTリンク画像とは、デザインに使用している画像データのこと

入稿するデータに画像が使われている場合は、リンク画像も合わせて必要になってくるので確認が必要です。

 

Renton
Renton

リンク画像はaiデータと一緒にフォルダの中に入れておけば大丈夫です。

 

 Memo

印刷会社によっては画像は「埋め込み状態」で入稿してくださいと指定がある場合もあります。

リンク画像を合わせて用意するのが煩わしい場合や指定された場合などは画像を埋め込んでしまっても問題ありません。

画像の埋め込み方法やリンクの仕組みについてはこちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

イラレでの画像の埋め込み方法やリンク切れの原因などの仕組みを徹底解説
イラレでの画像の埋め込み方法やリンク切れの原因などの仕組みを解説します。画像の埋め込み状態とリンク状態の違いからそれぞれの利点や注意点、画像の埋め込み方法やリンクの仕組みからやり方までを詳しく解説しています。

 

リンク画像の収集の方法はこちらの記事を参考にしてください。

イラレでリンク切れを防ぐ!リンク収集を自動でやる方法を解説
こんにちは!レントンです! 今回はイラストレーターでのリンク画像収集機能について解説します! イラストレータ...
スポンサーリンク

まとめ

グラフィックデザインの印刷や入稿データの作り方のポイントをご紹介しました。

基本的におさえるポイントは3つです。

この記事のまとめ

トンボ(トリムマーク)と塗り足しを付ける
文字をアウトライン化する
リンク画像を確認する

データに不備があると、希望の納期に間に合わなくなったりと、様々なトラブルになりますので、しっかりと理解して入稿データを制作してください。

入稿データが完成したら“ファイル転送サービス”を使ってデータを共有しましょう。

登録不要の完全無料で即使いたい方にはこちらの記事でおすすめのサービスを詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

ファイル転送サービスを徹底比較【大容量でも無料なおすすめ3選】
無料で使えるおすすめの大容量ファイル転送サービスを比較し、それぞれの特長やおすすめポイントなどをご紹介します。ファイル転送サービスのメリットやデメリットだけでなく、実際に現場で使ってきた経験をもとに選ぶ基準や気をつけるポイントを解説します。