Illustrator

イラレのパスファインダーの使い方を初心者にもわかりやすく徹底解説

Illustrator

こんにちは!レントンです!

今回はイラレのパスファインダーの使い方を初心者にもわかりやすく解説していきます。

これもイラストレーターの中では基本でもあり、非常に便利で重要な機能です。デザインする上でパスファインダーを上手く扱えると、ロゴ制作やアイコン制作にも役立つと思いますので、この機会に覚えておきましょう!

スポンサーリンク

パスファインダーとは

まず、パスファインダーとは、重なり合ったオブジェクトを合体して1つのオブジェクトにしたり、バラバラのオブジェクトに分割したりできるイラストレーターに搭載されている便利機能です。

この機能を効果的に使用できると自分が思い描いている形を美しく簡単に作り出すことが出来ます。パスファインダーは、右側のパネルバー(初期設定では右側にあります)の中のパスファインダーというパネルをクリックします。

パネルバーの中に整列のパネルがない場合は表示がされていないだけなので、メニューバー(1番上にあるバー)のウィンドウ→パスファインダーにチェックをしてみてください。

そうするとイラストレーターの画面上に表示されるかと思います。

形状モード

パネルバーの中のパスファインダーをクリックすると、「形状モード」が4つ、「パスファインダー」が6つあるのがわかると思います。

まずは基本の「形状モード」から解説していきます。それに伴い、このような正円と正方形のオブシェクトを用意して、わかりやすいように線をつけておきます。

このオブジェクトたちがパスファインダーでどのように変化していくかをご覧ください。

①合体

合体とは選択して重なり合うオブジェクトが、合体して1つのオブジェクトになる機能です。

線に注目するとわかりやすいです。このパスファインダーに置いて選択しているオブジェクトの重なる順番は重要ですが、この合体ではオブジェクト同士の重なる順番は気にしなくても大丈夫です。

②前面オブジェクトで型抜き

前面オブジェクトで型抜きとは選択して重なり合うオブジェクト同士の重なり合う部分を、前面のオブジェクトの形状で型抜きしてくれる機能です。

ここでは選択しているオブジェクトの重なる順番は重要で、重なり合うオブジェクトの順番によっては結果が変わってきます。

下の図で正方形が前面にきている場合と、正円が前面にきている場合とで見比べてください。

③交差

交差とは重なり合うオブジェクトの交差する部分だけが残る機能です。ここでは選択しているオブジェクトの重なる順番は関係ありません。交差する部分だけを抽出するので、どっちのオブジェクトが前面に来ていても結果は変わりません。

④中マド(重なり合う形状エリアを除外)

中マドとは重なり合うオブジェクトの交差する部分以外が残る機能です。

交差の逆のイメージですね!もしくは交差している部分が型抜きされるという認識でもOKです!

ここも選択しているオブジェクトの重なる順番は関係ありません。交差する部分だけを抽出するので、どっちのオブジェクトが前面に来ていても結果は変わりません。

よく交差と中マドはロゴ制作の時によく活用される機能ですね。

スポンサーリンク

パスファインダー

基本の形状モード(上段4つ)の下段に位置するパスファインダーは形状モードの応用とも言える機能です。少し複雑になってくる項目もありますが、難しく考える必要はありません。

⑤分割

分割とは重なり合うオブジェクトの交差する境界線すべてが切られる機能です。

つまり、境界線を基準にしてオブジェクトがバラバラに分割されるということです。

分割された段階ではグループ化されている状態なので、バラバラにオブジェクトを扱うためには1度グループ解除しなくてはいけません。

ここでも選択しているオブジェクトの重なる順番は関係ありません。交差する部分だけを抽出するので、どっちのオブジェクトが前面に来ていても結果は変わりません。

⑥刈り込み

刈り込みとは重なり合うオブジェクトの一番上のオブジェクトの形状はそのままに、それより後ろのオブジェクトを一番上のオブジェクトで型抜きする機能です。

この辺から少し複雑になって来ますが下の図を参考にすると、一番上に来ているオブジェクトは正三角形で、その後ろに正方形と正円が重なっている状態です。

この状態で刈り込みを行うと、1番上の正三角形の形状はキープされ、その後ろに重なっている2つのオブジェクトが型抜きされる、かつ、境界線で分割されると言った構造になります。

ここでは選択しているオブジェクトの重なる順番が非常に大切で、一番上にくるオブジェクトによって結果が変わって来ます。

⑦合流

合流とは重なり合うオブジェクト同士の色が関係し、色が共通する部分が合体し、色分けで分割される機能です。

下の図では、重なり合っている正三角形と正方形が同じ水色で正円が黄色に設定してあります。

この時、同じ水色の正三角形と正方形が合体し、色の違う正円が、合流したオブジェクト(水色)で分割されると言った構造になっています。

ここでややこしいのは、選択されているオブジェクト内に同じ色がない場合は実行後の効果が刈り込みと同じになってしまうということです。(実際には合流が行われているがぱっと見刈り込みと変わらない)よく合流を実行したのに、刈り込みになってしまったという事態が起きますが、その場合は大抵合流させたいオブジェクト同士の色が微妙にずれていることがほとんどです。

⑧切り抜き

切り抜きとは重なり合うオブジェクトの一番上のオブジェクトの形状でトリミングされ、その形状内の境界線で下のオブジェクトは分割される機能です。

文章にすると少し複雑ですが、下の図を見ればすぐにわかるかと思います。

⑨アウトライン

アウトラインとは重なり合うオブジェクトの交差する境界線で線(オープンパス)として切り取られ分割される機能です。これまでは全て分割されバラバラになったオブジェクトは面でしたが、こちらは線として切り取られます。パスが閉じていないオープンパス(線)として使用したい場合などによく活用されます。

⑩背面オブジェクトで型抜き

背面オブジェクトで型抜きとは重なり合う1番上のオブジェクトが下のオブジェクトの形に切り抜かれる機能です。

下の図では一番上の正円が背面に重なっているオブジェクトの形で型抜きがされています。

ここでポイントなのはあくまで一番上の正円に対して型抜きされるということなので、前面オブジェクトで型抜きの真逆のイメージになるということです。

まとめ

いかがでしたか?パスファインダーは複数の重なり合ったオブジェクトに対して実行していくことになります。

意外とこのパスファインダーで遊んでいると、思いもよらない形がパッと画面に出て来て、一気にアイディアが膨らんでくるというなこともあります!

自分の狙った形状を瞬時に生み出す時にももちろん使えますが、アイディアに煮詰まった時は思いがけない発見があるかもしれませんので、皆さんも楽しんでパスファインダーを使ってみてください。