Appleipad

iPadのダークモードの設定のやり方とメリットを解説

Apple

こんにちは!レントンです!

iPhone用のOSのiOS 13から新機能として「ダークモード」が登場しました。そこでiPadのダークモードの設定のやり方とメリットを解説していきます。

ダークモードはiPad OSからも新搭載され、iPadでも設定可能になりました。僕のiPadでも早速設定してみました!デザインのかっこよさもさる事ながら、僕なりにダークモードをおすすめするポイントも発見しました!設定方法も簡単で通常の外観から時間帯で自動的に変更することも出来るので合わせて解説します。

スポンサーリンク

ダークモードとは

ダークモードは黒を基調とした配色の外観で、暗い場所での使用時に、目の負担を軽減する効果があるモードです。

壁紙の他に、カレンダーやリマインダーなどApple純正のアプリで利用できます。コントロールセンターで設定が可能で簡単に設定が可能です。iOS 13を搭載しているiPhoneなら同じく設定可能です。

設定方法

iPadでの設定方法は「コントロールセンター」または「設定」からダークモードに切り替えることができます。

設定からダークモードに切り替える方法

まず、「設定」アプリを起動します。→画面表示と明るさを選択します→外観モード内の「ダーク」をタップします。

ライトモードに戻したい場合は「ライト」をタップします。

コントロールセンターからダークモードに切り替える方法

まず、iPadの画面右上から下にスライドしてコントロールセンターを表示します→コントロールセンター内の「画面の明るさ」コントロールを長押しします→ダークモードのアイコンをタップします

ライトモードに戻したい場合は、ダークモードをオフにします。

コントロールセンターにダークモードの切り替えアイコンがない場合はカスタマイズ画面から、ダークモードの切り替えアイコンをコントロールセンターに追加することができます。

コントロールセンターでダークモードの切り替えを行った方がスムーズですので、ダークモードの切り替えアイコンがない方は、カスタマイズで追加しておいていつでもコントロールセンターから切り替えを行えるようにしておくと良いと思います。

コントロールセンターについてと、カスタマイズのやり方はこちらの記事に詳しく解説してありますので参考にしてください。

iPadのコントロールセンターの出し方や設定などの使い方を解説
こんにちは!レントンです!ここではiPadのコントロールセンターの出し方や設定できる機能の種類や使い方などを解説していきます。コントロールセンターではマナーモードや音量・明るさの調節などiPadの全体を司る設定などもあり重要です。また、コン
スポンサーリンク

自動的にダークモードに切り替える設定方法

iPad OSでは指定した時間帯に自動的にダークモードに切り替える設定も出来ます。日の出〜日の入または時間を指定してダークモードへの自動切り替えが可能です。

設定→画面の明るさ→外観モード内の「自動」をオンにします。

デフォルト設定では日の出時間になると”通常(ライト)モード”、日の入時間になると”ダークモード”に自動的に切り替わるようになっています。

自動をオンにすると、すぐ下にオプションが現れます。

そのオプション内の「カスタムスケジュール」で細かい時間の設定が出来ます。

ダークモードの利点

ダークモードにすることでの利点はいくつか考えられます。

①暗い場所での使用時に、目の負担を軽減する効果がある

②見た目のかっこよさ(特別感)

③写真アプリや画像ファイルを見るときのコントラストに差が出せる

 

ダークモードを使用する時の1番の利点はやはり、黒を基調とした配色の外観で、暗い場所での使用時に、目の負担を軽減する効果があるという事でしょう。

寝る直前なども明るい光をなるべく軽減させて睡眠の質を少しでもあげる事にはおすすめです。

見た目のかっこよさは人それぞれだと思いますが、ダークモードにするだけで今までのiPadに特別感を与える効果はあるような気がします。ちょっと気分を変えたいときなどに切り替えて見ると新鮮な気分で作業が出来るかもしれませんね。

僕がダークモードに切り替えてから良いなと思う点で意外にも盲点だったのが、「写真アプリや画像ファイルを見るときのコントラストに差が出せる」という事です。

外観が黒ベースになるので、写真アプリなどを開くと背景が白から黒に変わっています。これはデザイナーや画像を扱う機会が多い方には大きな変化です。なぜなら、写真アプリなどで画像を一覧で見る時に背景が白だと、白基調の画像(明るい画像)は背景の色と同化してアウトラインがわからない。境界線がはっきりしないなどの問題があったのですが、背景が黒になると白基調の画像(明るい画像)は背景の色と同化せず、境界線がはっきりするようになります。

これでしっかり画像を選別出来ますし、背景が黒だと画像がしまって見えます。ダークモードはコントロールセンターから素早く切り替えが可能なので、逆に暗い写真ばかりの場合はライトモードに切り替えてあげれば良いです。

このように外観モードが切り替わればアプリの背景色にも影響が出ますので、色や見え方にこだわる方は上手く切り替えが必要になってきます。

まとめ

いかがでした?iPhoneにも搭載されているダークモードをiPad目線で解説しました。

コントロールセンターを上手く活用し素早く外観モードを切り替えて、自分の使いやすいようにカスタマイズして上手く付き合っていくことがおすすめです。

僕は現在ダークモード一択状態ですが、時間帯によって自動に切り替えてみても面白いかもしれません。