Apple

AirDrop(エアドロップ)の使い方をiPhoneとMacでそれぞれ徹底解説

Apple

こんにちは!レントンです!

今回は便利機能のAirDrop(エアドロップ)の使い方をiPhoneとMacでそれぞれ分けて解説していきます。

仕事でもプライベートでもパソコンやネットがないと成り立たない時代になってきて、データのやりとりをする機会が増えてきました。

AirDropはデータのやりとりに非常に便利ですので、ここでマスターしてスマートにデータのやりとりを行いましょう!

スポンサーリンク

AirDrop(エアドロップ)とは

AirDropとは、周辺のApple製品デバイス間で、写真やデータファイルなどのコンテンツを共有し、相手からも簡単に受け取れる便利機能です。この機能は、iOS7から導入されています。

AirDropの良い点は、

・WifiやBluetoothなどが使える環境ならワイヤレスで行われる

・赤外線通信のようにデバイス同士を近づける必要がない

・複数のデータを一度に送受信ができる

・送受信のスピードが早い

・データ送信時には暗号化されるからセキュリティ性も高い

などが挙げられます。非常に使い勝手が良くスピーディーにデータを共有出来ますので、仕事ではもちろん、iPhoneユーザー同士の友達と撮った写真の共有などでも良く使っています!

対応OS

AirDropに対応しているApple製品は下記の通りです。

・iOS 7以降のiPhone(5以上)、iPad(第4世代以降)、iPod touch(第5世代以降)

・OS X Yosemite(10.10)以降のMac(MacBook、MacBook Pro、MacBook Air、iMac、iMac Pro、Mac mini、Mac Pro)

AirDrop(エアドロップ)の設定と手順(Mac)

ますはAirDropを使えるようにする設定方法からです。

①システム環境設定を開く

②共有をクリック→インターネット共有のチェックを外す

③Bluetooth→Bluetoothを“入”状態にする

以上です。インターネット共有にチェックを入れてWifiを飛ばしている設定にしている方はこれを一度切らないとAirDropは使えませんので、ご注意ください。

これでAirDropを使える環境になりました。

次にMac(パソコン)からiPad(送りたいデバイス)に画像を送ってみます。

①送りたいデータを選択

この時送りたいデータが複数ある場合は同時に選択しておきます。

②データを選択したまま、右クリック(もしくはControl+クリック)→共有→AirDropをクリック

複数送りたいデータがある場合も、複数選択した状態でAirDropをクリックします。

③AirDropで送りたい宛先を選択してクリックして送信

今回例としてMac(パソコン)からiPad(送りたいデバイス)に画像データを送ろうとしていますので、宛先はiPadにします。もちろんiPadではなく、お持ちのiPhoneや違うMac(パソコン)にも送ることは可能です。

④iPad(受け取るデバイス)で受け入れるをクリック

Mac側でiPadを押した時点でiPad側(受け取るデバイス)に画像が送信されます。するとこのような通知が来ます。

この通知でデータを受け取るためには“受け入れる”をクリックします。その時点でiPad側にダウンロードされます。

スポンサーリンク

AirDrop(エアドロップ)の設定と手順(iPhone)

次にiPhoneからAirDropを使う方法を解説します。ますはiPhoneでの設定です。

①設定を開く

②インターネット共有をオフ

③Bluetoothをオン

以上です。これでAirDropを使える環境になりました。次にiPhone(携帯)からiPad(送りたいデバイス)に画像を送ってみます。

①写真→送りたいデータを選択して送信ボタンを押す

写真アプリを開いて送りたい画像クリックして、画像を開いている状態で左下にある送信ボタンを押します。

②送りたい写真(複数)にチェックマークが入っている状態でAirDropを押す

送信ボタンを押すと画像の右下にチェックマークが現れ、下の項目にアプリケーションが選択出来るようになります。複数送りたい場合は、この段階で送りたい画像全てにチェックマークを付けてください。複数選択した状態でAirDropをクリックします。

③iPad(受け取るデバイス)で受け入れるをクリック

先ほどと同じようにiPad側(受け取るデバイス)に画像が送信されますので、“受け入れる”をクリックして完了です。

AirDrop(エアドロップ)で送信相手が表示されないor送れない

データを選択してAirDropを押しても肝心の送りたい相手(送りたいデバイス)が表示されないことがあります。考えられる理由としては

・送りたい相手(送りたいデバイス)の電源が入っていないorスリープモードになっている

・相手との距離が離れすぎている(9m以上)

・wifi環境が乱れているor電波が弱い

・インターネット共有の設定がオンになっている

以上のことが考えられます。意外に多いのが「送りたい相手(送りたいデバイス)の電源が入っていないorスリープモードになっている」ことです。

スリープモード中でも表示されませんので、送りたい相手(送りたいデバイス)のスリープモードを解除してあげると表示されるようになるかもしれません。

またwifi環境が悪い場合は一度wifiを切ってしまってBluetoothで接続すると表示されることがあります。

まとめ

いかがでしたか?Apple製品を複数持っている方ならAirDropでのデータ共有は非常に便利で楽なので是非活用してみてください。