Photoshop単体プランとフォトプランの違いは?どっちを買えば良いのか徹底比較

Photoshopといえば、世界を代表する画像編集ソフトとしても知られています。ちょっとした写真を加工して合成するのはもちろん、高性能なグラフィックを作るときにも使います。

そんなPhotoshopを使ってみたいと考えている人のなかには「フォトプラン」と「単体プラン」の2種類があるので、その違いについてよくわからない…と迷っている人もいると思います。

そこで、Photoshopのプランの違いや、値段、機能的な面なども含め紹介します。

Renton

Photoshopを使いたいと考えている人にこそ、プランを理解することは大切です。

詳しく解説していきたいと思います

IllustratorやPhotoshopをまだ持っていない方はAdobeソフトが使い放題になるAdobe CCがおすすめです!こちらのAdobe CCを安く購入する方法を参考にしてください。

目次

Photoshopの単体プランとフォトプランの違い

Photoshopのフォトプランに興味を持っている人は、どんな違いがあるのだろう?と気になっているのではないでしょうか。

フォトプランとは、Photoshop、Lightroom、Lightroom Classicがセットになっているプランのこと

フォトプランは、PhotoshopとLightroomとLightroom Classicがセットになっているプランのことをいいます。それぞれを単体で購入するよりも、セットになっているほうがお得に利用できるのもポイントです。

  • 画像の編集、加工、デザインを追求したい人 → Photoshop
  • 画像や写真を一括で編集して管理、効率的な加工 → Lightroom

Photoshopとは?できることは?

Photoshopは写真の合成などの高度な画像編集を行うことに特化したAdobeのグラフィックソフトです。

Photoshopの特長
  • 写真の加工や補正などの高度な画像編集ができる
  • 写真を切り抜いたりして合成をすることができる
  • アニメーションの作成
  • グラフィックデザインの作成

1000種類を超えるカスタムプランに対応しているのが、Photoshopの魅力でもあります。そのため、合成写真を作る、写真をイラストにする、サムネイルづくりなどもできます。

WEBサイトでもPhotoshopを使うことで、簡単に画像のアレンジができるなど、使い方はさまざまなものがあります。

Renton

Photoshop単体でも、さまざまな使い方ができるのはとても便利な点だと思います

Lightroomとは?

Lightroomについて聞きなじみのない人にとっては、イメージしづらいと思います。

Lightroomは主に、写真の色調を整え正しく美しく補正する機能がメインのソフトです。さらに、写真の管理や共有なども一緒に行える為、写真を扱うカメラマンやレタッチャーなどに人気です。

Lightroomの特長
  • 撮影した写真の選定から編集、書き出しまでの一連の流れが行える
  • 写真の色調補正が非常に優れている
  • 写真の保存や管理が簡単にできる(大量の撮影画像なども)
  • データの共有
  • プリセットの読み込み
  • 写真を扱うカメラマンやレタッチャーなどにおすすめ

明るさやコントラストの調整機能はもちろん、露出や色被などの修正なども可能な上、もともと作られていた色も一度リセットとして補正することもできます。

Renton

写真の現像作業と同じようなことができます

また、Lightroomはクラウド型になるので、PCのデスクトップやモバイルなどさまざまな場所での写真加工ができます。

直感的に操作しやすい事、ファイルのバックアップも自動で行うなど、カメラマンだけでなく、写真を扱う全ての人に使いやすいソフトでもあります。

Lightroom Classicとは?

Lightroom Classicは写真加工や修正をする場合や大きな写真を管理するのに特化しています。そのため、写真をメインに使う人にはメジャーなソフトです。

Lightroom Classicの特長
  • クラウドではなくローカル環境
  • オフラインでも全てのファイルにアクセス可能
  • アップロード・ダウンロードの時間がかからない
  • 対応デバイスはパソコンのみ
  • Lightroomよりも使える機能が多い
  • RAW撮影などを行うカメラマンなどのプロ向き

オフラインであってもすべてのファイルにアクセスできる仕様になっており、アップロードとダウンロードの時間などに遅れはありません。

Renton

HDD(SSD)を増設して保存容量の制限をなくすこともできます

RAW撮影などを行うカメラマンなどには容量を気にせず細かな機能まで使えるLightroom Classicが向いていると思いますが、逆に初心者や直感的にLightroomを扱いたい方には少し複雑すぎるかもしれません。

Photoshop単体プランとフォトプランの価格の違い

Photoshopの単体プランとフォトプランにおいて、最も違うのは価格面だと思います。

Photoshopの単体プランだけでなくLightroomの単体プランも含めてどれくらい金額に差が出るかを表にしてわかりやすくまとめました。

Photoshopの単体プランの価格

スクロールできます
プラン名年間(税込)月額(税込)
年間プラン(一括)28,776円2,398円 ※12ヶ月で換算
年間プラン(月々)32,736円2,728円
月々プラン45,936円3,828円

Lightroomの単体プランの価格

スクロールできます
プラン名年間(税込)月額(税込)
年間プラン(一括)12,936円1,078円 ※12ヶ月で換算
年間プラン(月々)12,936円1,078円

Photoshopの単体プランでは「一括払い」と「月々払い」で金額に差がありますが、Lightroomの単体プランでは同一となっています。

月々契約にも対応しているので使う期間が限られている場合などは月ごとにこの費用を払ってもいいですし、年間契約(一括・月々)にして支払うこともできます。

Renton

Photoshopの単体プランでの月々プランは毎月1000円以上も高いです

単体プランなら「年間プラン(一括)」が最も安くてお得!

フォトプランの価格

スクロールできます
プラン名年間(税込)月額(税込)
年間プラン(一括)【20GB】12,936円1,078円 ※12ヶ月で換算
年間プラン(月々)【20GB】12,936円1,078円
年間プラン(一括)【1TB】26,136円2,178円 ※12ヶ月で換算
年間プラン(月々)【1TB】26,136円2,178円

フォトプランでも「一括払い」と「月々払い」で金額の差はありません。

大きく違うのは「ストレージの容量によって金額が違うこと」です。20GBの場合月額1,078円の対し、1TBの場合は2,178円になります。

たくさんの容量を使いたい場合は1TBの方がコスパが良いです

Photoshopの単体プランとフォトプランの価格比較

PhotoshopだけでなくLightroomも使う予定がある場合は圧倒的に単体プランよりフォトプランの方がお得です。

スクロールできます
プラン名年間(税込)月額(税込)
Photoshop単体プラン
※年間一括プランの場合
28,776円2,398円
Lightroom単体プラン
※年間一括プランの場合
12,936円1,078円
フォトプラン
※20GBの場合
12,936円1,078円

このようにPhotoshopとLightroomがセットになっているフォトプラン(20GB)は、毎月1,078円で利用可能です。

  • Photoshop単体プラン+Lightroom単体プランの場合 → 月額3,476円
  • フォトプランの場合 → 月額1,078円

普通に考えて、Lightroom単体だけでも同額なのに、Photoshopも付いてこの値段ですので、Lightroomを使うかなど以前にPhotoshopかLightroomどちらかを使うなら「フォトプラン1択」と言えます。

正直単体プランを使う理由が見当たらないので、迷ったらとりあえずフォトプランを選んでおけば間違いないと思います。

\ 初回7日間の無料体験付き /

フォトプランがおすすめの人は?

Photoshopのフォトプランにするべきかどうか、迷っている人もいるのではないでしょうか。実際フォトプランがおすすめの人を紹介していきたいと思います。

PhotoshopとLightroomを一緒に使いたい人

Adobeのグラフィックソフトの中で、PhotoshopとLightroomを一緒に使いたいと考えている人は、フォトプランを選択するのをおすすめします。

特に写真加工や写真編集がメインのカメラマンやレタッチャーなどにおすすめ

機能面でみても制限がないこと、条件などが決められているわけではありません。それであれば、少しでもお得に使えるフォトプランを選んでおいて損はないと思います。

現在PhotoshopやLightroomの単体プランを使っている人

現在PhotoshopやLightroomの単体プランの契約をしている人でも、途中からプランを変更することも可能です。

例えば、PhotoshopとLightroomの両方を使いたいと思っている人で、今は別々に契約しているのであればフォトプランに変えるだけでも、毎月の負担額を減らすことができます。

Renton

どちらか片方だけでも使っている方もおすすめです

PhotoshopとLightroomしか使う予定がない人

PhotoshopとLightroomしか使わない人にはフォトプランは最強のプランだと思いますが、Illustratorやpremiereなど他のAdobeソフトも使う人にはおすすめできません。

他のAdobeソフトも使う人には「Adobe CC コンプリートプラン」というもっとおすすめのプランがあります

Adobe CC コンプリートプランはPhotoshopやLightroomを含めた全てのAdobeソフトが使い放題になる最強プランです。

Adobe CC コンプリートプランの特長
  • PhotoshopやLightroomを含めた全てのAdobeソフトが使い放題
  • クラウド型でいつでも最高の状態で使える
  • Adobe Fontsが使える
  • 3つ以上Adobeソフトを使う人はコンプリートプランの方がお得

Adobe CC コンプリートプランについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

フォトプランをお得に使える「7日間の無料体験」について

フォトプランには、7日間の無料体験が用意されているので、購入前に機能や使用感を確かめることができます。

実際に使ってみないと、イメージしにくい部分もあるので、体験版から始めてみて自分にあっているかどうかを判断してから契約する事もできます。

フォトプランの無料体験版の特長
  • 登録完了日から7日間無料でPhotoshopやLightroomが使い放題(有料プランと同じ内容)
  • 無料体験期間が終了すると自動でサブスクリプション(有料プラン)に移行する
  • 無料体験期間中はいつでも解約できる(完全無料で体験可能)
  • PCとiPadのみ利用可能

フォトプランをこれから使う予定の人も7日間の無料体験版から始めるのがお得でおすすめです。

Renton

7日間だけですが利用できるものは利用して少しでもお得に使いましょう

フォトプランの7日間無料体験ですが、気をつけたい事もありますのでまとめました。

  • 無料期間終了後は自動更新されてしまうので注意
  • PCのメモリが8GB以上ないと動作がうまくいかない
  • ストレージは500GB以上あること
  • CPUもcorei5以上を推奨

これらのことを気をつけて利用すれば無料でPhotoshopやLightroomを使い倒すことができます。

\ 無料でPhotoshopやLightroomが使い放題 /

Photoshop単体プランとフォトプランの違いまとめ

Photoshopの単体プランとフォトプランの違いについて現役デザイナーがご紹介しました。

PhotoshopとLightroomの両方を使っている場合は、フォトプランにしたほうが毎月の支払の負担も減らせて使いやすいと思います。機能面は変わりませんので、少しでもお得に使えるに越したことはありません。

フォトプランであれば20GBからも選択できること、必要に応じて1TBなどの選択もできます。

Renton

1TBあればどんなに保存しても十分に足りると思います

PhotoshopとLightroomの両方を使っている人や少しでもお得に使いたい人は、まずはフォトプランの7日間無料体験版から使ってみてもいいのではないでしょうか。

Photoshopの単体プランとフォトプランの違いのまとめ
  • フォトプランはPhotoshop、Lightroom、Lightroom Classicの3つがセットになったプラン
  • PhotoshopかLightroomを使うなら金額的にフォトプランが1番のおすすめ
  • フォトプランは7日間の無料体験ができる
  • PhotoshopかLightroom以外のAdobeソフトを使うならAdobe CC コンプリートプランがおすすめ

他のAdobeソフトも使えるAdobe CC コンプリートプランを安く手に入れる

もし複数(3つ以上)のソフトを使いたいと思っているなら、フォトプラン以上に「Adobe CC コンプリートプラン」がおすすめですが、価格はそれなりにします。

Adobe Creative Cloudは通常価格で72,336円(年間)もしますが、Adobe公認スクールである「デジハリ」が提供する「Adobeマスター講座(Adobe CC付き)」なら3万円以上もお得にIllustratorやPhotoshopが使い放題になります。

どれくらい安くなるのか
  • Adobe CC 通常購入 → 72,336円(年間)
  • Adobeマスター講座 → 39,990円(年間)

なんとAdobeマスター講座だと30,000円以上も安くAdobe CCが使い放題なだけでなくデジハリのオンライン講座(動画閲覧)も受ける事ができる超お得プランです。

この39,990円は通常購入版と使えるソフトや内容は一切変わらないAdobe CC1年分とオンライン講座の受講料、消費税までも含んでの値段です。

Renton

僕もAdobeマスター講座を毎年利用しています!

Adobeマスター講座の詳細や特長、購入方法などを詳しくまとめた記事がありますので参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次