イラレで文字を自由変形や斜めに回転させる編集を文字タッチツールでする方法

今回はadobe Illustratorでテキスト状態を保ったまま1文字1文字を個別に編集する方法をご紹介します。

Illustrator CC(2014)からの新機能として「文字タッチツール」が搭載されました。

この「文字タッチツール」を使えば、テキスト状態を保ったまま文字を個別に編集することができるので、タイトル作りやロゴ制作に非常に便利です。

この新機能を使わない手はないと思うのでこの機会にマスターしてください!

目次

イラレの文字タッチツールとは

Point

文字タッチツールとはIllustrator CC(2014)から搭載された新機能でテキスト状態を保ったまま文字を個別に編集することが出来るツールのことです。

テキスト状態を保ったまま文字の大きさや角度、配置位置などを個別に変えることが出来るので、あとで文字を打ち直すことも出来ます。

Renton

編集した後からフォントを変えることも出来るので、とにかく後からの編集が非常に簡単になります。

イラレの文字タッチツールの使い方

では実際に文字タッチツールを使ってみます。文字タッチツールはツールバーの文字ツールの中に入っています。

  • Shift +Tで文字タッチツールに持ち替えることも出来ます。

文字タッチツールでテキストの編集したい1文字をクリックすると下記の画像のようにボックスが現れてそれぞれに応じた編集が可能です

文字移動

❶の点をドラッグすると文字を移動することが出来ます。

縦幅の増減(長体変化)

❷の点をドラッグすると文字の縦幅の増減(長体)を調整することが出来ます。

文字の拡大・縮小

❸の点をドラッグすると文字の大きさ(拡大・縮小)を変えることが出来ます。

横幅の増減(平体変化)

❹の点をドラッグすると文字の横幅の増減(平体)を調整することが出来ます。

文字の回転

❺の点をドラッグすると文字を回転することが出来ます。

Point

これら5つの点を調整すると1文字1文字直感的に調整することが出来て、打ちっ放しの文字よりもタイトルっぽくすることが出来るので是非積極的に取り入れてみてください。

イラレで文字を自由変形や斜めに回転させる編集を文字タッチツールでする方法まとめ

adobe Illustratorの文字タッチツールはデザイナーにとって非常に有難い機能の1つです。

アウトラインせずに1つのオブジェクトのように直感的に編集できる最大のメリットとしては、「後からの修正・再編集が可能」ということです。

Renton

後から修正が入る可能性がある場合や仮置きの場合はこの文字タッチツールを大いに活用して作業効率を上げてください。

さらに文字タッチツールと併用しておこなって欲しいのが文字間隔(カーニング)の調整です。カーニングは文字をデザインする上で必須スキルになってきます。

カーニングを調整することで、デザインされた文字にすることが出来ます。文字間隔(カーニング)の調整方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

文字タッチツールで出来ることまとめ
  • 文字移動
  • 縦幅の増減(長体変化)
  • 横幅の増減(平体変化)
  • 文字の拡大・縮小
  • 文字の回転

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる