AbobeIllustrator

イラレのダイレクト選択ツールで作業効率を上げる方法を解説

Abobe

今回はイラストレーターの「ダイレクト選択ツール」について解説します。

このダイレクト選択ツール(白矢印)は非常に便利で、僕が新人の頃、先輩デザイナーに「作業早くなりたかったらダイレクト選択ツールを覚えな!」と言われから意識的に使うようになりました。

それだけダイレクト選択ツールは便利なツールで、イラストレーションの中でも重要度はかなり高いです!なぜなら、選択ツール並みに使用頻度が高いからです。

マウスのカーソルを選択ツールとダイレクト選択ツールの切り替えを素早く行うことで本当に作業スピードは上がりました!なので、是非皆さんにもダイレクト選択ツールはマスターしてもらいたいです。

スポンサーリンク

ダイレクト選択ツールとは

ダイレクト選択ツールはイラストレーターのツールバーに搭載されています。ダイレクト選択ツールはよく「白矢印」と言われることがあります。

これは選択ツールが「黒矢印」のため、見た目的にも「白矢印」っぽいのでそう呼ばれるのかもしれません。まぁ細かい名称は僕はどっちでもいいと思います。要は機能の中身が重要です。

ダイレクト選択ツールは選択ツールとは違い、ダイレクトにアンカーポイント等を選択出来る選択ツールです。選択ツール(黒矢印)はグループ化やマスクをされている物を触った時にはその内部まで1度に選択ができません。

正確には、ダブルクリックをすることでグループ化の階層に潜って選択出来ますが、作業過程で毎回これをしていると非常に効率が悪いです。特に複雑なデータだとグループ化の階層も深い場合がほとんどです。そこでダイレクト選択ツールが役に立ちます。

ダイレクト選択ツールはデフォルトのショートカットキーで「A」を押すとダイレクト選択ツールに切り替わります。ちなみに、選択ツールは「V」で切り替わります。

このショートカットキーを覚えることは効率を上げることでは非常に重要です。瞬時に選択ツールとダイレクト選択ツールを切り替えながら作業が出来るようになると格段にスピードがアップします。

その他のイラストレーターにおけるショートカットキーを詳しくまとめてある記事もあるので、参考にしてください。

イラレの絶対に覚えるべきショートカットキーを一覧で解説〈ショートカット早見表付き〉
今回はイラレの絶対に覚えるべきショートカットキーを一覧で解説していきます。イラレを使って作業するとき、ショートカットキーを如何に多く使いこなせるかで作業時間の短縮が可能です。デザイナーとして働いていると、ショートカットキーは当たり前のように

アンカーポイントを直接選択する

ダイレクト選択ツールの利点で使用頻度が高いのが、任意のアンカーポイントを直接選択することが出来るということです。下の図を見てもらえばわかるかと思いますが、オブジェクトにはその形を形成するために複数のアンカーポイントが存在しています。

この触りたいアンカーポイントをダイレクト選択ツールで直接選択して、そのアンカーポイントだけを移動させたり、消したりすることが出来ます。

これにより、オブジェクトの形状を直接編集が可能です。これはロゴやアイコン等、デザイン作業には非常に便利です。アンカーポイントがよくわからないという方はこちらの記事も参考にしてください。

イラレのペンツールの使い方【Photoshopでの切り抜きの練習にもお役立ち】
こんにちは!レントンです!この記事では、イラレのペンツールの使い方を徹底的に解説していきます。最初は慣れるまでは大変かもしれませんが、ここをしっかり理解し、練習すれば、ずっと使えて、ロゴの制作やPhotoshopでの切り抜きにも使えるので、

スポンサーリンク

クリッピングマスクされた画像を直接編集する

意外とダイレクト選択ツールで僕が使えるな!と感じるのがこのクリッピングマスクされた画像を直接選択出来ることです。

クリッピングマスクは通常の選択ツールで選択しても中の画像の大きさやトリミングを調整出来ません。それは画像を直接選択出来ないためです。

この場合もグループ化されたオブジェクトと一緒の扱いで、ダブルクリックをすることでグループ化の階層に潜って選択していかなくてはならず、不便です。

クリッピングマスクはデザインする上で頻繁に使う機能なので、ダイレクト選択ツールとセットで覚えてしまいたいです。

やり方は簡単で、クリッピングマスクされた画像をダイレクト選択ツールでクリックすると直接画像が選択できるので、トリミングを変えたい場合はそのまま調整出来ます。

次に、クリッピングマスクされている画像の大きさを変えたい場合は、一度ダイレクト選択ツールでクリックして、画像を選択します。

次にキーボード上の「V」を押し、選択ツールに持ち替えます。

画像の端にカーソルを持っていくと拡大縮小のカーソルに切り替わるのでそのまま拡大縮小出来ます。

その後また、キーボード上の「A」を押し、ダイレクト選択ツールに持ち替えてトリミングを調整するという流れになります。

どうですか?選択ツールとダイレクト選択ツールを切り替えることで素早くクリッピングマスクされている画像を編集することが出来ました。クリッピングマスクについてわからない方はこちらの記事を参考にしてください。

クリッピングマスクとは?イラレ初心者の為に徹底解説
こんにちは!レントンです!ここではクリッピングマスクのやり方を解説します!クリッピングマスクとは簡単にいうとオブジェクトで画像等をくり抜く方法です!デザインするにあたってこのクリッピングマスクは非常に使用頻度が高い機能になります。基本中の基

グループ選択ツールでグループ単位で選択する

最後にダイレクト選択ツールの仲間でグループ選択ツールという機能を紹介します。

ダイレクト選択ツールは直接選択出来て便利ですが、逆にダイレクトすぎて、グループの概念を一切無視してしまうため、一定のグループ化を保った状態を選択したい!という状況が生まれきます。そこでグループ選択ツールが役に立ちます。

グループ選択ツールとは、グループ化されたオブジェクトをグループごとに選択できるツールのことです。これは複雑なオブジェクトなどで何度かに分けてグループ化されている場合などに有効です。

この図のように、元は星2つのグループでしたが、グループを1つ増やして星4つでもう一度グループ化、さらにそのグループを1つ増やして星8つでグループ化した状態を選択しようとします。

グループ選択ツールでこのグループ化されたオブジェクトを選択します。

ここで注目して欲しいのがクリック数と選択されている星のグループです。1クリックで1回目のグループ化のみ選択。2クリックで2回目のグループ化のみ選択。3クリックで3回目のグループ化のみ選択。このようにグループごとに選択できるのがグループ選択ツールの最大の利点です。

まとめ

いかがでしたか?ダイレクト選択ツールは直接選択が出来て非常に便利です。

なるべくショートカットキーと一緒に覚えて欲しいです。通常の選択ツールとダイレクト選択ツール、グループ選択ツールを使い分けることがイラストレーションでの作業スピードを格段に上げる入り口になるはずです!