Designer's Select

印刷ならグラフィックがおすすめ!デザイナーに支持される理由とは

Designer's Select

ネット印刷はたくさんのサービスがありますが、おすすめなのが「グラフィック(graphic)」です。

グラフィックはデザイナーからの評判が高く支持されています。

Renton
Renton

僕もグラフィックに何度も印刷をお願いしています。

なぜ、ネット印刷でグラフィック(graphic)が評判が良く、デザイナーからの支持が高いのかには他社にはない理由があります。

この記事ではネット印刷でグラフィック(graphic)をおすすめする理由を現役デザイナーが解説しています。

スポンサーリンク

株式会社グラフィック(graphic)とは

24時間注文・入稿受付OK。実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」

株式会社グラフィック(graphic)とは1989年設立で、最近主流になってきたネット印刷参入も2001年と業界でも歴史とノウハウを持った印刷会社です。

Renton
Renton

ネット印刷のパイオニアです。

売上高業界2位を誇る巨大印刷会社で、デザインや印刷に関わる人なら誰でも知っているほど有名な会社です。

24時間注文・入稿が可能で急ぎのネット印刷などにも対応してくれます。

また、デザインや印刷に詳しくない方にも利用しやすいように、豊富なデザインテンプレートや、入稿データチェックなどのサポートも厚いです。

名刺やチラシ、POPやシールなどの一般的な印刷はもちろんですが、ウェアやグッツ印刷、最高級美術印刷など対応できる印刷の幅も非常に広いです。

 Memo

プラグインをインストールする事で自分のパソコン内で入稿データチェックが出来る「ダイレクト入稿」などの独自サービスも提供しています。

印刷のクオリティ、納品スピード、サービスの使いやすさのどれをとっても優れている会社だとデザイナーにも人気です。

スポンサーリンク

なぜグラフィックはデザイナーの支持が高いのか

なぜ、数あるネット印刷サービスの中でもグラフィックが人気なのでしょうか?

最大の理由としては、「圧倒的な選択肢の豊富さ」です。

ネット印刷は低価格に抑えるために、選べる紙の種類や特殊印刷、特殊加工が少ないor全く無い場合がほとんどです。

ですが、グラフィックは選べる紙だけでも200種類を超えます。

仕上がりに違いを出せてデザイナーに選ばれるヴァンヌーボ、アラベールなどの特殊紙が豊富に選べます。

Renton
Renton

紙の厚さなどの選択肢も多いです。

また、箔押し加工や角丸加工、PP貼加工など、デザイナーにとっては嬉しいデザインや仕上がりに違いを出せる特殊加工もオプションで選ぶ事が出来ます

色も通常の印刷では表現できない「特色」(蛍光カラーや金色など)も追加オプションで選ぶ事がきます。

Renton
Renton

ここまで色々選べると正直、印刷にこだわるならグラフィック1択になってしまいます。

 こんな方にグラフィックはおすすめ
普通とは違う仕上がりにしてこだわりたい
自分で紙や加工を自由に選んでオリジナリティを出したい
短納期のネット印刷でも安っぽくしたくない
デザインや印刷に詳しくないからしっかりサポートして欲しい

どんな紙が選べるのか、どんな特殊加工が出来るのかは公式サイトを確認してください。

24時間注文・入稿受付OK。実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」

デザインにこだわりたい方にはおすすめなグラフィックですが、デメリットとしては競合他社に比べて価格が少しだけ割高という事です。

ラクスルやプリントパックなどのネット印刷サービスには価格では劣ってしますかもしれません。ですが、どうせ印刷するなら、良いものにしたくないですか?

Renton
Renton

安さを重視して結局仕上がりに満足できず、グラフィックに再印刷をお願いしたという知り合いもいました。

グラフィックは肝心の『印刷のクオリティ』も非常に高いです。

僕はこれまで何度も利用してきましたがデザイナー目線で見ても満足いかない結果には1度もなった事がありません。

他のネット印刷とはひと味違うオリジナリティがある印刷をしたい人にはおすすめです。

スポンサーリンク

印刷初心者でも安心!グラフィックの利用方法

ネット印刷と聞くとどこか難しい印象がありますが、詳しくない人だとデータ入稿とかは最初は不安だと思います。

グラフィックはそんな方にもサポート体制が整っていて安心して利用ができます。

1度利用して流れを掴む事ができれば怖くなくなり、次はこんな加工を追加してみよう!とか色々と楽しみな妄想が膨らんでいくはずです。

それでも入稿データの作り方がわからなくて不安という方にはこちらの記事で入稿データの作り方を解説していますので参考にしてください。

グラフィックなどの印刷や入稿データの作り方を現役デザイナーが解説
現役グラフィックデザイナーが年賀状や名刺などの印刷物における正しい入稿データの作り方をご紹介します。ネットが普及し印刷会社に印刷をオンラインで依頼する機会は増えてきているので、初心者にもわかりやすく最低限やるべきポイントに絞ってご紹介します。

グラフィックは会員登録制

グラフィックで印刷を利用する場合はまず、会員登録をして無料会員になる必要があります。会員登録をする事で次回からの利用がスムーズになります。

次回からの利用がスムーズになるだけでなく無料会員になる事で様々な特典が受けられるようになります。

  • 利用する前にサンプルを請求できる
  • 1ポイント1円として利用できるポイントが500ptもらえる
  • 「PDF入稿」や「ダイレクト入稿」などのサービスが使える
  • 当日12時までの注文で「当日発送納期」が使える

 

様々な特典がありますし、会員登録も5分程度で完了する簡単なものですので無料会員になっておくのがおすすめです。

▼無料会員登録はこちら
24時間注文・入稿受付OK。実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」

まずは名刺や年賀状などの印刷がおすすめ

グラフィックの公式サイトを見るとわかるかと思いますが、印刷に詳しくない方にとにかくわかりやすく丁寧にサイトが作られています。

POINTグラフィックのサイトはイメージが湧きやすいようにイラストや写真が多くて印刷に詳しくなくてもわかりやすい

デザイン・印刷業界は特に専門用語が多く、一般人には難しい世界ですが、グラフィックで印刷を頼む場合は、とても丁寧にステップを踏んで注文まで辿り着くことができます。

グラフィックデザイナーが仕事で使うデザインの専門用語まとめ
デザイナーになりたい方や転職をされる方のために、プロのグラフィックデザイナーが仕事現場で使われるデザインの専門用語をまとめました。デザインの専門用語の中で実際僕が初めて聞いた時、意味がわからなかったものを中心にピックアップしています。

なので、まずは恐れず何か印刷をお願いしてみるのがおすすめです。

Renton
Renton

1度データを入稿して納品までを経験すれば、こんなに簡単に注文できた!と感じるはずです。

そこでおすすめなのが、名刺や年賀状の印刷です。

名刺や年賀状は個人でも注文する機会は多いですし、印刷して持っておくといざというときに便利です。

また、グラフィックでの印刷は最小10部から注文出来るので、試しに印刷してみるのがおすすめです。最小部数なら予算もそこまでかかりません。

【デザイナーが教える】名刺のサイズ(大きさ)や規格一覧をご紹介
名刺のサイズ(大きさ)や規格の一覧をデザイナーがご紹介します。これまで数多くの名刺デザインを経験してきたグラフィックデザイナーが名刺を作りたいけどサイズはどれが良いのか悩んでる方向けに名刺の種類などおすすめも踏まえて解説します。

困ったことがあったら即、チャットで質問が出来る

とはいえ、紙の厚さとかどうすれば良いかわからない。

折りはこれで合っているのか、ニスの厚盛りって何かわからない。など、注文を進めていく段階で不明点が出てくることはあると思います。

そんな時のために、グラフィックでは「AIチャット」で24時間いつでも質問が出来るようになっています。

画像のように、どの画面へ進んでも右下に常にAIチャット機能が表示されているので、不明点が出たタイミングですぐに質問し、解決することが出来ます。

スポンサーリンク

デザイナー御用達の印刷会社グラフィックまとめ

ネット印刷で評判が良く、デザイナーからの支持が高いグラフィック(graphic)についておすすめする理由を解説しました。

グラフィックではネット印刷という手軽で安価な印刷にもかかわらず、「選択肢の豊富さ」が魅力的です。

Renton
Renton

やっぱり、せっかくのデザイン印刷にはこだわりたい人は多いはずです。

年賀状や名刺などの印刷物は人の手に渡り、ずっと残っていくものです。

頻繁に印刷を頼む人であれば、価格優先かもしれませんが、印刷を注文することなんて1年でそう何度もないと思いますので、是非特別な印刷を試してみてください。

24時間注文・入稿受付OK。実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」