プロが本当に推すデザイン本のおすすめ【現役デザイナーが厳選】

デザインを勉強するには優れたデザイン本を読むことが大事です。巷にはたくさんのデザイン本が販売されていてどれを読んだらいいか迷うはずです。

そこでプロが実際に読んでみて本当におすすめできるデザイン本だけを厳選しました。

Renton

なるべく、最近のものから選びました。(手に入れやすいと思って)

デザインを勉強したい初心者から、もっとデザインの参考になる本が欲しいという中級者以上の方全てにおすすめできます。

是非、優秀なデザイン本を探している方は参考にしてください。

目次

おすすめのデザイン本について

デザインと言ってもレイアウトやロゴ、配色などジャンルが多岐に渡るため、様々なジャンルをカバーできるように厳選しました。特化したジャンルをお探しの方も求めている本が見つかりやすいと思います。

Renton

Amazonなら試し読みもできるので気になる本があったらチェックしてみてください。

デザイン本の種類について

デザイン本には作品や事例を中心とした「作品集」やデザイン理論などを中心とした「読み物系」、ソフトなどの使い方に特化した「テクニック系」など様々なタイプの本があります。

  • デザイン作品やデザインが実際に使われている事例などを中心とした「作品系デザイン本
  • デザイン理論や制作プロセス、デザインの考え方などを中心とした「読み物系デザイン本
  • IllustratorやPhotoshopなどのデザインソフトの使い方などに特化した「テクニック系デザイン本

この記事ではデザイン理論や制作プロセス、デザインの考え方などを中心とした読んでデザインの勉強になるおすすめ本をまとめています。

IllustratorやPhotoshopの知識や技術が中心のテクニック系デザイン本をお探しの方はこちらの記事がおすすめです。

デザインをこれから勉強したい初心者の方向けにおすすめのデザイン本

やってはいけないデザイン

平本 久美子
¥1,980 (2022/09/14 23:47時点 | Amazon調べ)

この本はこれからデザインを勉強したい初心者のかた向けのデザイン本です。

どういうデザインがダメなのか。どこがどうダメなのかなどを直感的に勉強できる本です。デザインを難しく考えず、視覚と直感で楽しく学べる良いデザイン本だと思います。

  • ダメな例と改善した例を比較しながら解説しているからわかりやすい
  • 直感的に理解ができる
  • どういうデザインが良いのかわからない初心者向け

フォントの使い方や選び方を勉強したい方向けにおすすめのデザイン本

ほんとに、フォント。

この本はシリーズで累計20万部のベストセラーシリーズの中の1冊です。

内容が簡潔にまとめられていてわかりやすく、フォントの選び方が直感的に勉強できるデザイン本です。

イラストやデザインの雰囲気も可愛らしく、スラスラと読めるため、初心者の方にもおすすめです。フォント選びが苦手な方はまずこの本から始めてみてはどうでしょうか?

  • NGな例とOKな例を比較しているのでわかりやすい
  • 解説もポイントごとで簡潔にまとめられている
  • それぞれの例におすすめのフォントが掲載されていてイメージがわきやすい

グラフィックデザインを勉強したい方向けにおすすめのデザイン本

けっきょく、よはく。

この本は「ほんとに、フォント。」 の同シリーズでベストセラーの火付け役になった有名な1冊です。

こちらの本も同様に、内容が簡潔にまとめられていてわかりやすく、グラフィックデザインに必要不可欠な「余白という理論ではなかなか説明が難しい分野が直感的に勉強できます。

余白に特化した本も珍しく、非常に勉強になるため、初心者の方はもちろん、プロの方までおすすめできるデザイン本です。

  • NGな例とOKな例を比較しているのでわかりやすい
  • 解説もポイントごとで簡潔にまとめられている
  • それぞれの例に他にはこんなレイアウトパターンという風にいくつかのパターンが掲載されていてイメージしやすい

ブランディングについて勉強したい方向けにおすすめのデザイン本

ブランディングデザインの教科書

西澤 明洋
¥1,760 (2022/09/14 23:50時点 | Amazon調べ)

この本はブランディングデザインを 勉強したい方におすすめしたい1冊です。

理解が難しいブランディングとは何かをわかりやすく解説しているので、ブランディングについて勉強する最初の1冊に向いています。

こちらは読物系なので、初心者の方には始めはとっつきにくいかもしれません。

  • ブランディングとは何かが簡潔に書かれていてわかりやすい
  • デザイン中級者以上向け
  • 難しく考えずにサクサク読んでいける

配色について勉強したい方向けにおすすめのデザイン本

3色だけでセンスのいい色

この本は、15万部突破のベストセラーの1冊です。

様々な配色パターンが実際のデザインに落とし込まれ完成イメージが沸きやすく、かなり実用的な内容になっています。

配色の勉強になるだけでなく、配色パターンやバランスを参考にして即デザインに活用できるため、プロの方にもおすすめできる1冊です。

配色の逆引き辞典のような使い方もできるため、配色を勉強するなら鉄板の1冊です。

  • 配色バランスや使用色の%値まで細かい情報が実例付きで載っている
  • 掲載されている配色バランスを真似しやすい
  • ナチュラルやポップ、モダンなど様々なジャンル、シチュエーションに分けられていて幅広く応用が効く

ロゴデザインについて勉強したい方向けにおすすめのデザイン本

ロゴデザインの教科書

この本は、ロゴデザインを集中して勉強したい方向けの1冊です。

実際のロゴを例にして書体やシンボルなどを細かく解説しているため初心者の方にもわかりやすい内容になっています。

ロゴが上手く作れない方などもロゴの考えや意図などが勉強できるため、初心者から上級者の方まで幅広くおすすめできるデザイン本です。

  • ロゴの実例からそれぞれの解説まで丁寧に掲載されてあってわかりやすい
  • 書体や色、シンボルまで分解して丁寧に解説
  • ジャンル分けがされていて探しやすい

レイアウトやデザインを幅広く勉強したい方向けにおすすめのデザイン本

イメージをパッと形に変えるデザイン大全

この本は やわらかなデザイン、シンプルなデザインというようなイメージワードをどうアウトプットするかを勉強できる1冊です。

直感的にデザインを学べるうえに、掲載されている実例が洗練されていて楽しみながらサクサク読んでいける内容になっています

実例のパターンも豊富なのに、さらにいくつもの別パターンも掲載されているのでアイデアの引き出しとしてプロの方にもおすすめできます。

  • 〇〇なデザインという例を39パターンも掲載、解説してある
  • それぞれ実例を挙げながら、どこがどういう効果をもたらしているのかなどを丁寧に解説してあってわかりやすい
  • 実例が豊富で、見ているだけでアイデアが湧いてくる
  • いくつものパターンが掲載されているので直感的に理解しやすい

デザイン本をお得に読めるおすすめ方法

Kindle Unlimitedを利用する

デザイン本はたくさんの良本があり、この記事で紹介しきれなかった本もまだまだあります。

個人的にはおすすめした本は全て「紙の本」として購入して読んで欲しいところですが、デザイン本もお金がそれなりにかかってくるので、おすすめなのが「Kindle Unlimited」を利用してお得に読むことです。

  • Kindle Unlimitedでは30日間の無料体験期間がある
  • 無料体験期間が終了しても月額980円で200万冊以上が読み放題になる
  • アプリをスマホにダウンロードしておけばいつでもどこでもデザイン本を読める
  • いつでも解約できる(無料期間中に解約もOK)

ご紹介したデザイン本の中にも電子書籍に対応している本も多く、Kindle Unlimitedで無料で読めるので試しに読んでみてください。お得にたくさんの本が読めるのでおすすめです。

Renton

無料で読んでみて気に入った本があれば紙として購入をするのがおすすめ

30日間の無料体験はお得なので、気になるデザイン本がKindle Unlimitedで読めるなら是非試してみてください。

Audibleを利用して活字のデザイン本を読む

おすすめのデザイン本の中には活字中心の「読み物系」の本もあります。

ですが、活字を読んでいくのは慣れていないと疲れるし時間がかかります。そこでAmazonが提供している「Audible」を利用してオーディオブックを耳で聞くのがおすすめです。

  • Audibleはプロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービス
  • 通勤や通学、家事やランニング中などにも聴きながら本の内容を学べる
  • Audibleでは2ヶ月間の無料体験期間がある※2022年10月12日まで
  • 無料体験期間が終了しても月額1500円で12万以上の対象作品が聴き放題
  • いつでも解約可能できる(無料期間中に解約もOK)

ご紹介したおすすめのデザイン本の中にもオーディオブックに対応している本も多く、Audibleで無料で聴けるので試しに読んでみてください。お得にたくさんの本がスキマ時間で聴けるのでおすすめです。

Renton

気になる本があったら一度Audible版があるか確認してください

デザインの勉強や参考になるデザイン本のおすすめまとめ

プロが本当に推すデザインの勉強や参考になるデザイン本のおすすめをご紹介しました。それぞれ特長があり、個人的には全ての本を読んでもらいたいと思っています。

Renton

ここで紹介した以外にも良いデザイン本はたくさん存在します。

良いデザイン本にたくさん触れ、読みこむことで、技術以外のデザインセンスも磨かれていきます。

良いデザインの勉強本を手に入れたら、正しいデザインの勉強方法も知っておくべきです。デザインの勉強方法に正解はありませんが、僕が実践してきたデザインの勉強方法をご紹介した記事もありますので参考にしてください。

IllustratorやPhotoshopを今より格安で利用できるお得情報

Adobe IllustratorやPhotoshopって値段が高いですよね?

Adobe Creative Cloud(通称Adobe CC)は通常価格で72,336円(年間)もしますが、Adobe公認スクールである「デジハリ」が提供する「Adobeマスター講座(Adobe CC付き)」なら3万円以上もお得にIllustratorやPhotoshopが使い放題になります。

どれくらい安くなるのか
  • Adobe CC 通常購入 → 72,336円(年間)
  • Adobeマスター講座 → 39,990円(年間)

なんとAdobeマスター講座だと30,000円以上も安くAdobe CCが使い放題なだけでなくデジハリのオンライン講座(動画閲覧)も受ける事ができる超お得プランです。

この39,990円は通常購入版と使えるソフトや内容は一切変わらないAdobe CC1年分とオンライン講座の受講料、消費税までも含んでの値段です。

Renton

僕もAdobeマスター講座を毎年利用していますし、もし通常版を利用している方は、確実にこちらの方がお得です!

Adobeマスター講座の詳細や特長、購入方法などを詳しくまとめた記事がありますので参考にしてください。

Photoshopだけを最安で利用し続けたい方は「フォトプラン」

Illustratorなど他のAdobeソフトはいらないからPhotoshopだけをお得に利用したいという方は今なら最新のAdobe Photoshopが月額1,078円(税込)で使い放題のお得プランがあるのでおすすめです。

通常Photoshop単体なら月額2,728円(税込)かかってしまいますが、この「フォトプラン」はPhotoshopが使い放題なだけでなく、写真編集ソフトのLightroomまでセット(しかも初回は7日間の無料体験付き)になるという太っ腹プランです。

Renton

まさに画像編集に特化したプランです

単体Photoshop購入時よりLightroomまで付いて何故か半額以下で試せる「フォトプラン」はPhotoshopしか使わない方にとっては最高のプランなので是非お試しください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる