Illustrator

イラレの整列パネルで美しく整列させる方法

Illustrator

こんにちは!レントンです!

今回はイラストレーターにある整列パネルを使って綺麗レイアウトする方法を解説します。

この整列パネルは目分量やアナログで配置するのではないので、素早く正確にレイアウトする事が出来ます。

デザインする上できちんと端と端が揃っているのは基本でもあり、見栄えも格段に良くなります。僕も普段仕事では頻繁に使う機能ですし、理解してしまえばとても簡単で便利な機能ですのでささっとマスターしてしまいましょう!

スポンサーリンク

オブジェクトを整列させてみよう

まずはオブジェクトを整列させるために複数のオブジェクトを用意します。

 

このように正方形のオブジェクトを用意したら、右側のパネルバー(初期設定では右側にあります)の中の整列というパネルをクリックします。

パネルバーの中に整列のパネルがない場合は表示がされていないだけなので、メニューバー(1番上にあるバー)のウィンドウ→整列にチェックをしてみてください。そうするとイラストレーターの画面上に表示されるかと思います。

水平方向に左に整列

まずは1番オーソドックスの水平方向に左に整列をやってみます。

アイコンの通り、ボタン1つで左揃えに配置する機能です。

この整列パネルでポイントになるのが、配置させたいオブジェクトだけを選択する必要があります。これ意外と重要です。

ボタン1つで綺麗に配列されるとしても全ての要素を揃えてしまってはぐちゃぐちゃになります。なので、狙った箇所だけ整列させるためには選択がとても重要になってきます。

例に使う単純なデータなら当たり前じゃん!と思うかもしれませんが、オブジェクトや画像、文字等が入り乱れている複雑なデータを扱うときに如何に上手く選択してあげるかで効率、精度に差が出てきます。

逆に高度なテクニックには狙ったアンカーポイントだけ左に揃えたい!などもあり、この整列機能は基本でありながら今後応用も効く便利ツールなのです。

アンカーポイントなどがわからない方はこちらの記事もおすすめです!アンカーポイントはイラストレーターの基礎でもありますので、疑問に思ったタイミングで合わせて理解してしまいましょう!

イラレのペンツールの使い方【Photoshopでの切り抜きの練習にもお役立ち】
こんにちは!レントンです!この記事では、イラレのペンツールの使い方を徹底的に解説していきます。最初は慣れるまでは大変かもしれませんが、ここをしっかり理解し、練習すれば、ずっと使えて、ロゴの制作やPhotoshopでの切り抜きにも使えるので、
イラレのベジェ曲線の書き方のコツ【初心者練習用】
こんにちは!レントンです!今回はイラレのベジェ曲線の書き方のコツをご紹介します。このベジェ曲線が操れれば、イラストもロゴマークも自由自在に表現することができるはずです!ただ慣れるまでは確かに苦労します。。得体の知れないグニャグニャな線と点だ

話をもとに戻して、整列させたいオブジェクト選択します。クリックでポチ、ポチと選択しもいいですし、ドラックで選択範囲を作ってまとめて選択してもOKです!

 

この動かしたいオブジェクトを選択している状態で水平方向に整列をクリック!すると…

このうようにアートボードの左側に綺麗に整列します!

スポンサーリンク

指定したところに整列させてみる

まずは整列させられた方は第1ステップ終了です。

ボタン1つなので一瞬でしたね!次は指定したところに整列させてみます。

初期設定だとおそらくアートボードの左端にオブジェクトが揃ってしまうと思います。それは設定で「アートボードに整列」になっているからです。

この設定の良いところは、アートボードに対して、真ん中に写真やオブジェクトなどを揃えたい!というときによく使う設定かと思います!

別の記事で解説していますがもちろん画面の真ん中に綺麗に配置することも可能です。ですが、ここでは上のオブジェクトの左側に下のオブジェクトを整列させてみます。

アートボードの真ん中に綺麗に配置したい方はこちらの記事を参考にしてください。

イラレの整列パネルでアートボードに対して中央に整列させる方法
こんにちは!レントンです!今回はイラストレーターの整列パネルでアートボードに対して写真や文字を画面の中央に整列させる方法を解説します。なんだかんだ中央配列はプロのデザイナーも使う機会が多いように感じます。整列パネルの基礎はこちらの記事で解説

 

画像は左側に整列しているのがわかりやすいように下のオブジェクトを長方形にしておきました。

この2つのオブジェクトを選択した状態で整列パネルの右下に整列というところがあるので、クリックします。

すると下の画像のように「選択範囲に整列」「キーオブジェクトに整列」「アートボードに整列」という3つの設定が出てきます。

さきほどアートボードの左側に整列した人は「アートボードに整列」にチェックが入っている状態かと思います

ここを「キーオブジェクトに整列」にチェックを入れます。

するとアイコンが鍵になりましたね!かつ選択したオブジェクトのどちらかが太線になっているかと思います。

この状態はどういう事かといいますと、太線で囲まれているオブジェクトを基準に左揃えしますよ、よろしいですか?の状態です。

つまりこの状態で指定場所を選ぶ事が出来ます!太線で囲まれていない方のオブジェクトをクリックすると、そちらが今度は太線になって、基準にするオブジェクト対象が移ります。

基準にしたいオブジェクトを選択し終えたら水平方向左に整列をクリックします。

するとこのように、指定したオブジェクトを基準にしてもう片方のオブジェクトが左端に綺麗に整列します!整列の良いところは数が多くてもボタン1つで整列させられる事にあります。

 

このように大量のオブジェクトもドラックして選択範囲を作って選択し、ボタンを押すと…

このように綺麗に配置させられます。

ここで一手間工程をすっ飛ばす方法があります。実は、選択範囲を作った状態で指定したい基準のオブジェクトをワンクリックすると自動的に設定がキーオブジェクトに整列に切り替わります。

設定が仮にアートボードに整列になっていようともです!さきほどは仕組みを理解して頂きたくて回り道をしましたが、仕組みを理解されたかたは今後こちらの方法で試してみてください。

まとめ

いかがでしたか?整列パネルは簡単で便利なのでイラストレーターを使用する方には必須の機能と言えます。

仕組みさえ理解してしまえば大したことはありませんので、どんどんと活用してみてください。この記事を読んで頂けた方にはこの記事の続編として他の便利で僕がよく使う整列機能も解説していますので、合わせて読んで頂けたらより整列パネルを使いこなせるかと思います。

イラレの整列パネルでアートボードに対して中央に整列させる方法
こんにちは!レントンです!今回はイラストレーターの整列パネルでアートボードに対して写真や文字を画面の中央に整列させる方法を解説します。なんだかんだ中央配列はプロのデザイナーも使う機会が多いように感じます。整列パネルの基礎はこちらの記事で解説