ブランディングのおすすめデザイン本を現役デザイナーが厳選

「ブランディング」という言葉を最近耳にすることがあると思います。

ブランディングとは商品デザインからブランドロゴやシンボルマーク、名称、キャッチフレーズ、記号など、様々な要素が組み合わさってブランドを形作るための様々な考えや取り組みやのことを指します。

デザインにおいて指針となる「ブランディング」は重要で、デザインをする際の土台になるものです。

ですが、ブランディングに決められたルールやフォーマットがあるわけではないので、ブランディングをなんとなくで進めてしまうとブランド価値もあやふやなものになってしまいます。

Renton

ブランディングは簡単にできるものではありません

そこで、ブランディングが学べるおすすめのデザイン本を現役デザイナーがご紹介します。

ブランディングにおける考え方、マインド、視点など基礎的なものから実践的なテクニックなども学べる良本を厳選してまとめていますので、ブランディングを勉強したい方には参考になるかと思います。

目次

ブランディングのおすすめデザイン本【初心者の方向け】

ブランディングが学べるデザイン本の多くは“考え方”を主軸に学ぶので文章などが多く、ブランディング初心者がいきなり読むのはハードルが高いようにも感じます。

そこで、なるべくブランディング初心者でも「読みやすい」「とっつきやすい」本をまとめてご紹介します。

Renton

もちろん中級者以上の方も参考になる良本ばかりです

ブランディング見るだけノート

この本はタイトル通りに難しい「ブランディングを見るだけで理解できる」ことを目的に書かれた本です。

この本の特長としてはブランディングノウハウがイラストで書かれているのでブランディング初心者の方でも楽しくサクサク読み進められるようになっていることです。

難しい理論や考え方を深く学ぶ前に「ブランディングとはこういうもの」と理解させてくれる初心者に優しい本です。

  • 「ブランディングを見るだけで理解できる」ことを目的に書かれた本
  • ブランディングノウハウがイラストで書かれている
  • ブランディングを学ぶ最初の1冊にベスト
口コミレビュー

様々なブランディングの本の中で1番良かった。

ここ数年、仕事の関係でブランディングの本を何冊も読んで来ましたが、小難しかったり、武勇伝だったり、上から目線だったり、物足りなかったりと満足する本がなかった。
この本は、分かりやすく丁寧で本当に身になる内容でした。オススメでもあり、あまり知られたくない気持ちもあったりw
こういう分かりやすい本が出てきたということは、ブランディングが大企業だけでなく、中小企業にも浸透してきていると感じました。

amazon レビュー

スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか? 

この本はあのスターバックスのブランド力はどうやってどのようにつくられたのかが書かれている本です。

ブランディングというとっつきにくいものを誰もが知る「スターバックス」を題材にしているため興味も湧きやすく、イメージしやすいので楽しみながら初心者でも読んでいける一冊です。

「ブランディング」と身構える前に気楽な気持ちで読むのにおすすめです。

Renton

マーケティングをされている方々にも参考になる内容です

  • 誰もが知る「スターバックス」が題材なのでイメージがしやすい
  • ブランディングだけでなく、理念、教育、マーケティングなど総合的に学べる
  • 本格的なブランディングを学ぶ前の1冊に最適
口コミレビュー

さすがスターバックス

スターバックスがなぜここまで大きく成長することができたのか。ブランディングする為にするべき事など大変勉強になることがたくさん書かれている。なぜCMや広告費にお金をかけずとも売上が伸びていくのか、その秘密に迫っています。

amazon レビュー

ブランディングが9割《ケーススタディ篇》

この本はブランディングとマーケティングの見地から、解決法をQ&A形式で紹介している本です。

「自社の強みを押し出したのに売れない」「手強い競合への対抗策が思い浮かばない」など状況別に、考え方のポイントや起こすべき行動を解説していて自分ならどう対処するか?と考えながら読むことができます。

イラストを交えつつ、Q&A方式で解説しているのでとにかくサクサク読み進められて初心者にぴったりの1冊です。

Renton

とにかく分かりやすくてブランディング初心者におすすめです

  • イラストを交えつつQ&A方式で解説してある
  • 具体的な状況別に解説してるのでイメージが湧きやすい
  • サクサク読み進められるから初心者にもおすすめ
口コミレビュー

実際のブランディングのヒントをいくつか見つけました!

仕事で実際にブランディングやっているのですが、どうして良いかわからないことがありましたが、ヒントをいくつも見つけました。
とても参考になります。
私はブランディングの本はそれなりに読んできましたが、中には難しくて頭に入ってこない本や、ピンとこない本もありました。
ですが、この本は読みやすくて勉強になります。
こんなケーススタディ本は、今までにないように思います。

amazon レビュー

ブランディングのおすすめデザイン本【中級者以上の方向け】

ここからはもっと踏み込んだブランディングの考え方やデザイン、マーケティングなども踏まえた実践的な本を中心にご紹介します。文章も多い読み物系も増えます。

Renton

もちろんブランディング初心者でも充分に理解可能で有益な良本ばかりですのでおすすめです

ブランディングデザインの教科書

この本は難しいブランディングを丁寧に噛み砕いた、まさにブランディングの教科書的な本です。

「ブランディングデザイン」について、デザインを使う側とデザインする側、双方の視点を身につけ、ビジネスや経営に効くブランディングデザインの基礎知識が学べる良本です。

デザインという手段を使ってどのようにブランディングをするのかが学べるので、デザインに関わりのある全ての人におすすめの1冊です。

  • ブランディングデザインの基礎知識が学べる
  • デザインに関わりのある全ての人におすすめ
  • 具体的な考え方やプロセスなどが学べるので実践できる
口コミレビュー

専門書ながら、誰でも元気をもらえる一冊。

ブランディングという言葉は最近よく耳にするのですが、何となく分かるようで説明しようとすると難しかったり、今ひとつマーケティングとの違いが分からなかったり…。 この本ではその曖昧な部分がしっかり整理されていて、ブランディングの概念がスッキリ理解できました。
実践的なノウハウも公開されていますが、何より圧巻だったのは、4時間目の山形緞通の実例です。山形緞通のブランディングの過程が実例として載っているのですが、この部分はブランディングデザインの参考書というよりも、一つの感動的な物語を読んでいるようでした。こうやってブランドを作り上げていくんだと感心させられ、ブランドをデザインすることの重要さを心から納得できました。

amazon レビュー

事例で学ぶブランディング ランドーのデザイン戦略大公開

この本は世界的なブランディング会社、ランドーアソシエイツの国内外の実例と共に、ランドーのブランディングの手法を徹底解説したおすすめ本です。

世界的に有名なブランディング会社ランドーが手掛けた事例をもとにブランディングのノウハウやプロセスや考え方が詳しく解説されているだけでなく写真も多めで読み進めやすい1冊です。

Renton

ブランディングの勉強なら外せない1冊です

  • 世界的に有名なブランディング会社ランドーのブランディングのノウハウが学べる
  • ブランディング論というより具体的な手法を解説している
  • 写真が多めでイメージが湧きやすく、初心者でも分かりやすい構成になっている
口コミレビュー

ブランディングのABCがわかる!

どのようにしてブランディングを進めたら良いのか、ランドー社の豊富な実績と事例に裏打ちされたメソッドが惜しみなく紹介されています!

amazon レビュー

ブランドをデザインする!

この本はブランディングデザイナー西澤明洋さんが自身で編み出した“結果を出す手法”「フォーカスPRCD」に沿ってブランディング実例を解説している本です。

ブランディングデザインの有用性や戦略・戦術の解説がメインでキリン生茶やCOEDOビールなどの有名な商品の事例をもとに書かれた1冊です。

Renton

ブランディング初心者やデザイン関係以外の人でも勉強になる本です

口コミレビュー

ブランディングデザインの事例が惜しげもなく披露されている良書

ブランディングに関する本は多数ありますが、実例をもとに戦略から思考の過程、そのデザインに至った理由まで丁寧に書かれています。
本書はどちらかといえば非デザイナーがターゲットのようですが、デザイナーを目指す学生、また一歩上のステージを目指すデザイナーにもおすすめです。
もちろん他の本も必要ではありますが、本書をきちんと理解できたならより強力なデザイナーを目指せるでしょう。
正直こんなに有用な情報をこの価格で出してしまっていいのかと思います。

ブランディングデザインの有用性と、戦略・戦術の解説がメインで余計なことは書かれていません。
思考の過程や形になっていく様子は見ていてワクワクしますし、
勉強のつもりで買ったにもかかわらず読むのが楽しみになるような本でした。

amazon レビュー

「売る」から、「売れる」へ。 水野学のブランディングデザイン講義 

この本はクリエイティブディレクターの水野学さんが、ビジネスや経営における「デザインの正しい使い方」をわかりやすく解説した1冊です。

理論や考え方の部分から、そもそもなぜブランディングが大事なのかという根本的なことまでブランディングについて「東京ミッドタウン」や「中川政七商店」など様々なブランディングをされてきた水野学さんの考えが学べます。

デザインやブランディングの事がわからない方でもサクサクと読んでいける1冊です。

  • 慶應義塾大学の講師でもある水野学さんの考えが学べる
  • 「ブランディングがなぜ大切か」「どうすればブランディングできるか」という根本を学べる
  • 水野学さんの担当した事例について解説しているのでイメージしやすくわかりやすい
口コミレビュー

ブランディングとは何かを理解するのにオススメの入門書

一番学びになったこと:
ブランディングは、「いかに差別化やエッジを効かせることをやっていくか」だと思っていましたが、そうではなくむしろ定番や王道に近いところからヒントを得てブランドを作り、それを積み重ねていくことだということ

印象に残ったフレーズ:
・「世の中をあっと驚かせようとしてはいけない」。あっと驚かせることに、こだわっちゃいけない
・ブランディングを考えるうえで大切なのは、「似合う服を着せる」こと
・(プレゼンの)コツのようなものがあるとしたら、それは「自分を自分以上に見せようとしない」ということでしょうか

デジタルマーケティングに関わるものとして、ブランディングをもっと理解したく、入門書として本書をおすすめされたので読んでみました。ブランディングとはどんなものなのかがわかりやすく書かれており、著者の講義で実際にお話されている内容なので具体性もあって読みやすいです。
ブランディングには、高級品・着飾ること、みたいなイメージがありますが、そういった認識を外してくれる本です。あらゆるものにはブランド=らしさがあり、それを見つけ表現することが大事なんだと理解できました。
理論や考え方の部分が多く語られており、ブランディングの実際の進め方を詳しく知りたい方は他の本も合わせて読むと良いと思います。

amazon レビュー

ブランディングが9割

この本はブランディングの中でもマーケティングに重きをおいたマーケ&ブランディング本です。

イオンやマツモトキヨシのPB再生に貢献した乙幡 満男さんの考えるブランドマネジメントの基礎知識と押さえておくべきポイントがわかりやすく解説していて、ブランド力とはなんなのかが学べる良本です。

Renton

図解も多めで読みやすいです

  • 「ブランド力とは何か」が学べる
  • マーケティングの観点からブランディングが学べる
  • 図解が多めの読み物なので、サクサクと読んでいける
口コミレビュー

実戦に使えるブランド論

コトラーの理論やアーカーの基本原則をふまえながら、ブランドマネジメントの基礎知識と押さえておくべきポイントをわかりやすく解説している。説明が体系的なので、自社のブランドに関する考え方を整理するうえで役に立っただけでなく、読み進めるうちにいくつかの気づきが得られた。実務家の視点からのアドバイスやノウハウの提供も実践的で、やるべきこととやってはいけないことが端的に述べられている。

小さい会社を意識して書かれているためか、予算が不足しがちな事情にも配慮して、あまりお金をかけずにできる手法を紹介しているのも親切だ。自社でブランドを保有して、育てていこうと思うなら、最低でも本書くらいの知識は必要だろう。ブランドを構築するための平易な入門書としておすすめしたい。

amazon レビュー

ブランディングのデザイン本をお得に読めるおすすめ方法

Kindle Unlimitedを利用する

ブランディングのデザイン本はたくさんの良本があり、この記事で紹介しきれなかった本もまだまだあります。

個人的にはおすすめした本は全て「紙の本」として購入して読んで欲しいところですが、デザイン本もお金がそれなりにかかってくるので、おすすめなのが「Kindle Unlimited」を利用してお得に読むことです。

  • Kindle Unlimitedでは30日間の無料体験期間がある
  • 無料体験期間が終了しても月額980円で200万冊以上が読み放題になる
  • アプリをスマホにダウンロードしておけばいつでもどこでもデザイン本を読める
  • いつでも解約できる(無料期間中に解約もOK)

ご紹介したブランディングのデザイン本の中にも電子書籍に対応している本も多く、Kindle Unlimitedで無料で読めるので試しに読んでみてください。お得にたくさんの本が読めるのでおすすめです。

Renton

無料で読んでみて気に入った本があれば紙として購入をするのがおすすめ

30日間の無料体験はお得なので、気になるデザイン本がKindle Unlimitedで読めるなら是非試してみてください。

Audibleを利用して活字のデザイン本を読む

ブランディングのデザイン本の中には活字中心の「読み物系」の本もあります。

ですが、活字を読んでいくのは慣れていないと疲れるし時間がかかります。そこでAmazonが提供している「Audible」を利用してオーディオブックを耳で聞くのがおすすめです。

  • Audibleはプロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービス
  • 通勤や通学、家事やランニング中などにも聴きながら本の内容を学べる
  • Audibleでは2ヶ月間の無料体験期間がある※2022年10月12日まで
  • 無料体験期間が終了しても月額1500円で12万以上の対象作品が聴き放題
  • いつでも解約可能できる(無料期間中に解約もOK)

ご紹介したブランディングのデザイン本の中にもオーディオブックに対応している本も多く、Audibleで無料で聴けるので試しに読んでみてください。お得にたくさんの本がスキマ時間で聴けるのでおすすめです。

Renton

気になる本があったら一度Audible版があるか確認してください

ブランディングのおすすめデザイン本のまとめ

ブランディングのおすすめデザイン本を現役デザイナーがご紹介しました。

「ブランディングの本」と言っても様々な特長や種類があり1冊や2冊では収めきれないほど良本に溢れていて、この記事で紹介した本は全て1度目を通して欲しいほどおすすめです。

Renton

ブランディングは一朝一夕で身につくものではないので何冊も読んでみることをおすすめします

ご紹介したブランディングのおすすめ本を読めば、ブランディングについて深く知れ、知識やテクニックなども充分学べるのでブランディングを深く勉強したい方はKindle Unlimitedなどを上手に使いながら是非たくさん読んでみてください。

ブランディング以外のデザイン本のおすすめをお探しの方はこちらの記事もおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる