グラフィックデザイナーが仕事で使うデザインの専門用語まとめ

どんな業界にも専門用語があります。

デザイナーになりたい方や興味がある方のために、デザインの仕事現場で使われる専門用語の中で実際僕が初めて聞いた時、意味がわからなかったものをまとめました。

務める会社や事務所などによって多少の言い回しの違いがあるかも知れませんが、大体の場所で通用すると思います。

Renton

デザイン関係の仕事をしたい方は知っておいて損はありません。

是非覚えておいてください。

IllustratorやPhotoshopをまだ持っていない方はAdobeソフトが使い放題になるAdobe CCがおすすめです!こちらのAdobe CCを安く購入する方法を参考にしてください。

目次

デザイナーが仕事で使うデザイン専門用語

デザインの仕事現場で使われる専門用語の中で僕が初めて聞いた時、意味がわからなかったものをピックアップして分野別にまとめました。

デザインに関する専門用語

マージン

余白やスペースのこと。

トンマナ

トーン&マナーの略語でデザイン全体の雰囲気のこと。

プロテクトエリア

デザイン要素を配置してはいけないエリアのこと。ロゴなどによく使われる

JAN

商品に付いているバーコードのこと。JANコードとも呼ばれる。

長体・平体

長体は書体の上下の幅はそのままで、横幅を縮小すること。平体は書体の横幅はそのままで、上下の幅を縮小すること。

面合わせ(ツラアワセ)

他の要素との幅を揃えること。

レギュレーション

デザインルールのこと。データを渡す際などに用いられるデザインにおけるルールのこと。

アタリ

仮の状態のこと。本決まりではない要素を入れるスペースを最初に確保する為に使われる。

表1・表4

冊子もので使われる用語で表1は表紙のことで表4は裏表紙のこと。

テレコ

要素と要素の位置関係を入れ替えること。

改版

ベースデザインは変えずに掲載情報などを最新にする修正のこと。

データメイク

印刷所に渡して問題ないようなデータに仕上げること。最終データに仕上げること。

校正

クライアントとの修正のやり取りの工程のこと。

色校正

印刷の仕上がりで色味のズレなどがないかを確認する工程のこと。

デザインカンプ

デザインの完成イメージが想像できる見本図のこと。

ペルソナ

ターゲットユーザー像のこと。

束見本

実際の製本時と同じ仕様・製本機で製作された製本サンプルのこと。

リースポジ

決められたライセンス料や使用金額を払うことで使える写真素材のこと。

レンポジやストックフォトとも同意語として使われる。

赤字

クライアントやディレクターからのデザインに対する修正指示のこと。

色バリ・カラバリ

カラーバリエーションのこと。色バリとも言われる。

色に関する専門用語

リッチブラック

K(黒)だけで表現した黒ではなく、他の色(CMYなど)を掛け合わせた黒のこと。

特色

CMYKの掛け合わせで表現出来ない色を表現するために、特別に調合されたインクのこと。

DICカラーやPANTONEと呼ばれる色見本長が有名

レジストレーション

CMYKすべて100%で出力される色のこと。トンボの色などに使われる。

金赤

M(マゼンタ)100%とY(イエロー)100%で表現される赤色のこと。

偽金

箔押しなど特殊加工を使用せず、データ上で金に似せた色の表現のこと。グラデーションなどを使って表現されることが多い。

色ベタ

全面にインクが乗った状態こと。部分的に使用されることも多い。

印刷に関する専門用語

塗り足し

断裁の際に生じるズレにより、白地が見えないようにカットラインから少しデザインを足すこと。トンボとセットで使われることが多い。

版下

印刷する際の原稿となる原版のこと。パッケージなどにおける展開図など。

白版

印刷物の地が白色でない場合に必要となる版のこと。

白版はフィルムなど透明なものやアルミなどに印刷する際に白色を表現したり、デザインを透かせないために必要。

糊殺し

シールなど粘着性が必要な印刷時に粘着を抑えたい部分にニスを塗って粘着性を無くすこと。

グラフィックデザイナーが仕事で使うデザインの専門用語まとめ

デザイナーが仕事で使うデザインの専門用語をご紹介しました。よく使われる用語からマニアックな用語まで幅広くピックアップしました。

Renton

初見では意味がわからなかった用語を中心にまとめました。

特に印刷関係の用語は難しいものも存在しますが、大体どんなことを示す用語かを覚えておいてください。詳しい内容は、その時に調べたり教えてもらうことをおすすめします。

IllustratorやPhotoshopを今より格安で利用できるお得情報

Adobe IllustratorやPhotoshopって値段が高いですよね?

Adobe Creative Cloudは通常価格で72,336円(年間)もしますが、Adobe公認スクールである「デジハリ」が提供する「Adobeマスター講座(Adobe CC付き)」なら3万円以上もお得にIllustratorやPhotoshopが使い放題になります。

どれくらい安くなるのか
  • Adobe CC 通常購入 → 72,336円(年間)
  • Adobeマスター講座 → 39,990円(年間)

なんとAdobeマスター講座だと30,000円以上も安くAdobe CCが使い放題なだけでなくデジハリのオンライン講座(動画閲覧)も受ける事ができる超お得プランです。

この39,990円は通常購入版と使えるソフトや内容は一切変わらないAdobe CC1年分とオンライン講座の受講料、消費税までも含んでの値段です。

Renton

僕もAdobeマスター講座を毎年利用していますし、もし通常版を利用している方は、確実にこちらの方がお得です!

Adobeマスター講座の詳細や特長、購入方法などを詳しくまとめた記事がありますので参考にしてください。

Photoshopだけを最安で利用し続けたい方は「フォトプラン」

Illustratorなど他のAdobeソフトはいらないからPhotoshopだけをお得に利用したいという方は今なら最新のAdobe Photoshopが月額1,078円(税込)で使い放題のお得プランがあるのでおすすめです。

通常Photoshop単体なら月額2,728円(税込)かかってしまいますが、この「フォトプラン」はPhotoshopが使い放題なだけでなく、写真編集ソフトのLightroomまでセット(しかも初回は7日間の無料体験付き)になるという太っ腹プランです。

Renton

まさに画像編集に特化したプランです

単体Photoshop購入時よりLightroomまで付いて何故か半額以下で試せる「フォトプラン」はPhotoshopしか使わない方にとっては最高のプランなので是非お試しください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次