デザイン

【デザイナーが教える】名刺のサイズ(大きさ)や規格一覧をご紹介

デザイン

ビジネスシーンでは必須アイテムの名刺のサイズ(大きさ)や規格の一覧をプロデザイナーがご紹介します。

グラフィックデザイナーである私は名刺のデザインを依頼されることが頻繁にあります。

 

Renton
Renton

依頼される8割以上は一般的なサイズや規格の物ばかりです。

そこで、名刺の一般的なサイズ(大きさ)や規格(〇〇号)などをご紹介しますので、名刺を作りたいけどサイズはどれが良いのか悩んでる方向けにデザイナー目線からのおすすめも踏まえて解説します。

スポンサーリンク

一般的な名刺のサイズ(大きさ)と規格

名刺の一般的サイズは大きく分けて日本と海外によってサイズ(規格)が変わってきます。

日本における一般的な名刺のサイズは「91mm×55mm」になります。これは「4号」という名刺の規格サイズになります。

欧米では「89mm×51mm」と日本に比べて一回り小さいサイズが一般的とされています。このサイズを日本では「欧米サイズ」という規格で扱っています。

ちなみにヨーロッパでは「85mm×55mm」のサイズが一般的とされ、国や地域によって一般的な名刺サイズが変わってきます。

なぜ、日本人なのに他国の名刺サイズを知る必要があるの?ビジネスがグローバル化し、海外の顧客と仕事をするケースが増えてきているので、顧客の国の一般的サイズで名刺を作った方が良い場合があるため

名刺の一般的なサイズは「91mm×55mm」ですが、縦横は僕の体験的にほぼ同数かと思います。

「横91mm×縦55mm」の横型名刺と「縦91mm×横55mm」の縦型名刺のどちらもビジネス向けであり、縦型か横型かまでは決まりがないため、デザインやお好みで選んで良いかと思います。

 

スポンサーリンク

その他の名刺サイズ(大きさ)と規格

一般的な「91mm×55mm」(4号)の他にも日本で使われる名刺には様々なサイズと規格があります。

4号に次いで多い規格は「85mm×49mm」の3号と呼ばれる規格サイズです。

 

Renton
Renton

3号は4号より一回り小さく、コンパクトで可愛らしい印象を与えるため、女性向きだと言われています。

その他にも「100mm×61mm」(5号)「116mm×70mm」(6号)「121mm×76mm」(7号)などの規格があります。

基本的に号の数字が大きくなればサイズ(大きさ)も大きくなっていきます。

 

 

  • 名刺規格【3号】: 85mm×49mm
  • 名刺規格【欧文サイズ】: 89mm×51mm
  • 名刺規格【4号】: 91mm×55mm
  • 名刺規格【5号】: 100mm×61mm
  • 名刺規格【6号】: 116mm×70mm
  • 名刺規格【7号】: 121mm×76mm

 

様々な名刺の規格がありますが、4号以上の名刺を選ぶ場合には注意点があります。

4号以上の名刺はサイズも大きく印象に残りやすい点や、明記できる面積も増えるというメリットがありますが、4号が日本では一般的なため、名刺を収納、保管するための名刺ケースは4号が入る大きさで作られている場合が多いです。

そのため、4号以上のサイズだと名刺ケースに入らず相手に迷惑をかけてしまうケースがあります。

そういったケースを踏まえ、無難なサイズ感にしたい場合は、3号か4号をおすすめします。

 

スポンサーリンク

2つ折や3つ折の名刺サイズ(大きさ)と規格

名刺には2つ折りや3つ折りなどの特殊な仕様も存在します。

2つ折や3つ折のメリットしては、折れば4号以下のサイズになり、名刺ケースに入れることができるのに、記載できる面積は2倍、3倍になるので情報の他にもPRやアピール文章など入れることが出来ます。

 

Renton
Renton

デメリットとしては、折りがあるため嵩張ることです。

サイズとしては4号2つ折横型の場合「182mm×55mm」(展開時)、4号2つ折縦型の場合「91mm×110mm」(展開時)となります。

4号3つ折横型の場合「91mm×163mm」(展開時)となります。

 

  • 【4号2つ折横型】: 182mm×55mm (展開時)
  • 【4号2つ折縦型】: 91mm×110mm (展開時)
  • 【4号3つ折】: 91mm×163mm (展開時)

名刺サイズ(大きさ)についてデザイナーの見解

名刺には様々なサイズや規格、折などどれが良いのかわからなくなる人もいるかと思います。

数多くの名刺をこれまでデザインしてきた個人的な見解はサイズは「4号もしくは3号がベスト」だと考えています。

デザイン依頼で「他の名刺に埋もれないような特別さが欲しい」との要望が多いですが、違いや特別感を出すのであれば、サイズではなく、印刷する紙や仕様にこだわるのがおすすめです。

 

Renton
Renton

名刺はビジネスで使うことがほとんどで、ある程度の常識やルールは必要です。

なにより名刺サイズを大きく変えてしまうと相手に迷惑がかかる恐れがあります。

名刺入れなどに入らなければ最悪捨てられてしまう場合も考えられます。

 

サイズは一般的なものを選んだうえで、特別な紙を使用したり、デザインで違いをつけたり、4号以内で形を変えてみたりと変化をつけるのがおすすめです。

とはいえ、名刺に決められたサイズはありませんので、一般的なサイズ以外は全て駄目というわけではありませんので、こだわりがある方は渡す相手の事も踏まえつつ決めてください。

 

デザイナーが選ぶおしゃれでおすすめな名刺入れ10選〈コスパ重視〉
社会人には必須アイテムの名刺入れは人の目に触れる機会が多いものです。どれを選んだら良いかわからないという方や、新社会人で初めて名刺入れを持つ方などにデザイナーがおしゃれでおすすめな名刺入れをコスパが良いものだけを厳選してご紹介します。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?名刺のサイズ(大きさ)や規格をデザイナーがご紹介しました。

無難なとこでは4号がおすすめサイズですが、女性らしさを出したい場合は3号。展示会などで渡すときに自分の名前だけじゃなくPRもしたいという場合には2つ折名刺など、ケースバイケースで最適な名刺サイズは変わってくると思います。

ビジネスでは名刺は自分の顔になるほど重要なものですので、最適なものを選んでください。

 

この記事のまとめ日本における一般的な名刺のサイズは「91mm×55mm」(4号)

欧米サイズは「89mm×51mm」で日本の一般的な名刺より一回り小さい

号の数字が大きくなればサイズ(大きさ)も大きくなっていく

デザイナーの個人的おすすめサイズは「4号もしくは3号」