Apple

Macのインターネット共有でMacを即席Wifiルーターにしよう

Apple

Macで「インターネット共有」という機能を使ってMac本体をWifiルーターとして使う方法をご紹介します。

ネットが繋がっていれば、Macをアクセスポイントにして、Wifiを飛ばすことができます。

「地下で電波が届きづらい」「ゲームなど複数のwifiを一箇所に繋ぐと繋がらない」などのWifiが必要なケースになったら設定1つですぐにMacをWifiルータにすることができるので、1度試してください。

「インターネット共有」をする場合の注意点もいくつかあるので、メリット、デメリットを理解して状況に合わせて使ってください。

スポンサーリンク

Macのインターネット共有とは

MacにはMacに繋がれているネット(有線・無線どちらも)を無線Wifiとして飛ばすことができます。つまり、Mac本体を設定1つでWifiルーターにすることが可能なのです。

 

その機能が「インターネット共有」です。iPhoneのテザリング機能と同じようなイメージです。

インターネット共有をすることで、Mac本体に繋がっているネットを他のデバイスにも共有して繋ぐことができます。

電波の届きにくい地下などで有線で繋がっているMacがあれば、「インターネット共有」でケータイやタブレットなどにWifi接続ができ、快適に使用できるなどのメリットがあります。

 

また、Wifiの飛んでいる家の中でも2階などのWifiが届きにくい場所とを中継する役割としても活躍します。

 

また、何個のデバイスでも共有可能なので、地下のお店の無料Wifi提供などにも活用できます。

使い方は様々です。

Macでインターネット共有の設定方法

インターネット共有の設定は非常に簡単です。

 

まず、「システム環境設定」を開きます。

 

次に、システム環境設定の中の「共有」をクリックします。

 

続いて、左側の共有リストの中から「インターネット共有」を選びます。この時はまだオフの状態で構いません。

その後、Macが有線で接続されている場合は、共有する接続経路を「Ethernat」、相手のコンピューターでのポートを「Wi-Fi」にします。

 

次に、右下の「Wifiオプション」開いてネットワークの設定をします。

「ネットワーク名」「パスワード」を設定してください。他のデバイスでWifiを繋ぐときに必要になります。「セキュリティー」はWPA2パーソナルにしておくのがベターです。

設定し終わったら、「インターネット共有」にチェックを入れます。

 

すると、確認画面が出ますので、「開始」を押してインゲージが有効(緑色)になれば完了です。

 

  1. システム環境設定を開く
  2. システム環境設定の中の「共有」をクリックし「インターネット共有」を選ぶ
  3. 共有する接続経路を「Ethernat」、相手のコンピューターでのポートを「Wi-Fi」にする
  4. 「Wifiオプション」でネットワーク名とパスワードを設定する
  5. 「インターネット共有」にチェックを入れ開始

Macでインターネット共有で注意点

Mac本体を設定1つでWifiルーターにすることが可能な「インターネット共有」ですが、注意する点があります。

意外な落とし穴としては、インターネット共有状態だと、AirDrop(エアドロップ)機能が使えません。

AirDrop(エアドロップ)ができない方はインターネット共有がオンになっている可能性がありますので、1度オフ状態にする必要があります。

さらに、Macの電源をオフにするとインターネット共有もオフ状態になります。

スリープ状態であれば、オフ状態にならずにWifiとして使い続けることができますが、Mac bookなどの場合は充電状況にも気をつけてください。

 

  • インターネット共有状態だと、AirDrop(エアドロップ)機能が使えない
  • Macの電源をオフにするとインターネット共有もオフ状態になる

まとめ

いかがでしたか?Macのインターネット共有を使ってMac本体をWifiルーターにする方法をご紹介しました。

いざという時に非常に便利で、簡単に切替設定もできるため、覚えておく事をおすすめします。

注意点だけ把握して有意義なWifi生活にMacを活用してみてください。

 

この記事のまとめ・Macに繋がれているネットを無線Wifiとして飛ばすことができる

・インターネット共有状態だと、AirDrop(エアドロップ)機能が使えない

・Macの電源をオフにするとインターネット共有もオフ状態になる