Illustrator

イラレのドロップシャドウがダサくならないプロが実践する方法を解説

Illustrator

イラレには、簡単に影をつけることができる「ドロップシャドウ」というアピアランス効果があります。

簡単に影をつけて立体感を出したり、目立たせたり出来るため、初心者の方も多様している機能だと思います。

Renton
Renton

しかし、ドロップシャドウの付け方によってはデザインがダサくなりがちです。

もっと言えば、ドロップシャドウの付け方で初心者かプロか見分けがすぐつきます。

プロが実践するドロップシャドウの付け方を意識するポイントを踏まえてご紹介します。意識するポイントとやり方がわかればすぐにでもデザインを生まれ変わらせることが出来るはずです。

スポンサーリンク

ドロップシャドウとは

ドロップシャドウとはアピアランス効果の1つで、対象物(オブジェクト、画像、テキストなど)に影を擬似的につける効果です。

Renton
Renton

イラレでは、ドロップシャドウのかけ方を数値入力で管理できるようになっていて細かい設定が可能です。

使い方次第では、対象物を背景と独立させ目立たせる効果や、影をつけることで平面上に奥行き感を持たせることができます。

ドロップシャドウはイラストレーター特有の機能ではなく、Photoshopなどにもあります。

イラレでドロップシャドウのつける方法

まずイラレでドロップシャドウをつけたい対象物を用意します。今回はテキストにドロップシャドウをかけてみます。

テキストを選択した状態で、メニューバー→効果→スタイライズ→ドロップシャドウを選択します。

するとドロップシャドウパネルが出てきますので、細かい設定はこちらでおこないます。

今回は初期設定のままとりあえず、ドロップシャドウをかけてみるので、そのまま「OK」を押して完了です。

スポンサーリンク

イラレでドロップシャドウの解除する方法

イラレのドロップシャドウはアピアランス効果なので、ドロップシャドウを解除する場合は、アピアランスパネルを使います。

アピアランスパネルが表示されていない方は、メニューバー→ウインドウ→アピアランスを選択してください。

するとアピアランスパネルに、先ほどかけたドロップシャドウという項目があります。

この項目をダブルクリックすることでドロップシャドウの再編集が可能になります。

ドロップシャドウを解除する場合は、このドロップシャドウという項目を選択した状態で、右下の「選択した項目を削除」というゴミ箱のアイコンを押すことで解除することができます。

イラレのドロップシャドウを印刷する場合

簡単に影をつけることができるドロップシャドウですが、かけすぎると印刷時に意図しない形で印刷されてしまう場合があります。(四角いオブジェクトのような形など)

万が一そういう場合になった場合は、アピアランス効果を分割して画像化することで解決することが多いです。

アピアランス効果を分割する方法は、ドロップシャドウがかかっているオブジェクトを選択状態でメニューバー→オブジェクト→アピアランスを分割をクリックします。

影の部分が画像化され埋め込まれます。

このようにドロップシャドウが印刷に影響を及ぼすケースもありますので、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

イラレで印刷すると色が変わる(色が違う)ときの確認事項と対処方法
イラストレーターで印刷すると色が変わる(色が違う)ときの原因は、何年もデザイナーとして働いた経験上、だいたい同じです。イラレで印刷すると色が変わる(色が違う)原因と対処方法を4つに簡潔にまとめ、ご紹介しています。
スポンサーリンク

ドロップシャドウの付け方のポイント

このようにドロップシャドウの付け方は簡単で誰でもつけることができます。

ここからドロップシャドウの付ける際にダサくならないようプロが意識するポイントをご紹介します。

Renton
Renton

ドロップシャドウのように細かいディテールがデザインのクオリティを上げていくことに繋がります

強くドロップシャドウをかけすぎない

まずはじめに、ドロップシャドウは強くかけすぎないことです。

初心者の方でよくやりがちなのが、「目立たせたいから」という理由で強くかけすぎてしまいがちです。

ドロップシャドウが強いと、影の方が目立ってしまいます。

それでは本末転倒です。

Renton
Renton

背景との差はドロップシャドウがかかっているだけで生まれてきます。

これだけで大丈夫かな?くらいがちょうど良いです。

POINT 影(ドロップシャドウ)はあくまでさりげなくが基本

ドロップシャドウの色を背景と同系色にする

影といえば「黒」のイメージがあると思います。

ドロップシャドウの初期設定も黒ですが、合わせる背景によってドロップシャドウの色を変えていきましょう。

POINT 背景とドロップシャドウの色を同系色にすることで自然な影になる

黒のままでもそこまで違和感はありませんが、より自然な影(ドロップシャドウ)にするためには、色にもこだわりましょう。

影の色の考え方はこちらの記事で解説しています。

Photoshopメインの記事になりますが、影の考え方は同じです。良かったら参考にしてみてください。

Photoshopで合成をなじませるプロのテクニックを解説
Photoshopで素材を切り抜いてパッと貼り付けるだけでは、合成感丸出しの素人クオリティになってしまわないがちですが、現役デザイナーが日々合成を繰り返してきて習得した技術や知識を踏まえて合成時に意識するテクニックとしてご紹介します。
スポンサーリンク

ドロップシャドウをあまり距離を出して離さない

ドロップシャドウはオフセット値によってどれくらいの位置にするかを設定できます。

このオフセット値を大きい数値にしてしまうと影が対象物から離れていきます。

対象物を浮かせる上では効果的ですが、やりすぎると影の主張が激しくなってしまいます。

文字にドロップシャドウをかける場合は文字の視認性を著しく低下させる恐れがある

オフセット値が大きいとドロップシャドウによって読みづらくなってしまう恐れがあるので、離しすぎには注意が必要です。

まとめ

ドロップシャドウのつけ方をプロが意識するポイントを踏まえてご紹介しました。

ドロップシャドウは便利で効果的な機能が故に間違った考えで多様してしまいがちですが、使う上ではしっかりと考えて使って欲しいです。

Renton
Renton

こういう細かいところをデザインする上ではこだわって欲しいですし、細かいところにはセンスが出ます。

ドロップシャドウに対する考えは人それぞれですが、是非1度実践して欲しいです。

 この記事のまとめ
ドロップシャドウとは対象物に影を擬似的につける効果
影(ドロップシャドウ)はあくまでさりげなくが基本
背景とドロップシャドウの色を同系色にすることで自然な影になる
ドロップシャドウをあまり距離を出して離さない