Abobephotoshop

Photoshopのレイヤースタイルでベベルとエンボスを使って文字を浮き立たせる方法

Abobe

今回はPhotoshopのレイヤースタイルで
ベベルとエンボスを使って文字を浮き立たせる方法をご紹介します。

 

Renton
Renton

文字を浮き立たせるような表現はロゴやタイトルなどのデザインに違いを出したいときやインパクトを出したい時などに活躍します。

設定で細かく調整が効きますので、幅広く応用が出来ますので、是非この機会にマスターしてデザイン表現に幅を出してみて下さい。

スポンサーリンク

ベベルとエンボスとは

ベベルとエンボスとは浮き上がらせる表現としては一緒ですが微妙に浮き出し方に違いがあります。

言葉が難しく違いがわかりづらいと思いますので、ここでは分かりやすく簡単に言うと…

  • ベベル → 斜め方向に浮き出す
  • エンボス → 下から真正面に浮き出す

ざっくり言うとこのような説明になりますが、
ベベルとエンボスの違いは実際に効果をかけて確かめることが1番良いかもしれません。

 

Renton
Renton

両方試してみて、しっくりくる方を採用するといった方法がおすすめです

 

スポンサーリンク

レイヤースタイルでエンボスをかける方法

ではまず、エンボスで文字を浮かび上がらせてみます。

下準備として背景画像をフォトショップで開き、文字レイヤーを制作しておきます。

 

文字の色は白にして描画モードを「乗算」にして背景のテクスチャーを透過させます。

次に文字レイヤーをダブルクリックしてレイヤースタイルを開きます。

 

Renton
Renton

このレイヤースタイルでは様々な効果をレイヤーにかける事が出来ます

パネルの左側の列にかけたい効果が1列に並んでいますので、
上から2番目の“ベベルとエンボス”をクリックします。

 

クリックするとパネル中央にベベルとエンボスの詳細設定が出来るようになりますので、
スタイルをエンボスにします。

その他の詳細設定は上記のように設定します。

 

 

最後にエンボスと同時にドロップシャドウも追加しておきます。これでエンボスを使って文字を浮き立たせる表現をすることが出来ました。

 

スポンサーリンク

レイヤースタイルでベベルをかける方法

次にベベルで文字を浮かび上がらせてみます。

先ほどと同じように背景画像をフォトショップで開き、文字レイヤーを制作しておきます。

 

文字の色は白にして描画モードを「乗算」にして背景のテクスチャーを透過させます。

 

次に文字レイヤーをダブルクリックしてレイヤースタイルを開きます。

 

先ほどと同じようにパネルの左側の列にかけたい効果が1列に並んでいますので、
上から2番目のベベルとエンボスをクリックします。

クリックするとパネル中央にベベルとエンボスの詳細設定が出来るようになりますので、
スタイルをベベルにします。

その他の詳細設定は上記のように設定します。

 

最後にベベルと同時にドロップシャドウも追加しておきます。

これでベベルを使って文字を浮き立たせる表現をすることが出来ました。

 

スポンサーリンク

スタイルのそれぞれの違いと特長

見た目を大きく左右するのが、「スタイル」「テクニック」です。

これは先ほども行なった詳細設定の中で選択することが出来ます。

 

Renton
Renton

これは説明するのがなかなか難しいので実際に比べてみました。

まずベベルのスタイルは「ベベル(外側)」と「ベベル(内側)」の2つがあります。

これはベベルの効果をレイヤーの淵を基準に、外側に付けるか内側に付けるかを選択出来ます。

見た目が結構変わりますので、その他の設定も含めてイメージに合う方を選んでください。

 

 

次にエンボスのスタイルは
エンボス」「ピローエンボス」「エンボスの境界線を描く」の3つがあります。

ピローエンボスはレイヤーの淵を押し込んだような表現になります。

エンボスの境界線を描くは境界線をつけた場合のみ効果をつけれますが、境界線だけにエンボス表現をつけられます。

 

スポンサーリンク

テクニックのそれぞれの違いと特長

次に「テクニック」についてです。
テクニックは「滑らかに」「シゼルハード」「シゼルソフト」の3種類があります。

これは細かいディティールの違いを選ぶことが出来ます。

Renton
Renton

テクニックも見た目に大きく関わりますので、好みの物を選んでください。

まとめ

いかがでしたか?レイヤースタイルを使用すれば簡単に様々な効果を得られることが出来ます。

エンボス表現はロゴやタイトルなどで使用する機会が多く、デザインの表現の幅を広げる上でも覚えていて損はない機能だと思います。重厚なイメージや高級感を演出するのにも役立つと思います。

レイヤースタイルは他にも様々な表現が出来るので色々試すと面白いです。

スポンサーリンク