デザイン論

ファイル形式の種類を一覧でご紹介!現場でよく使われる拡張子とは?

デザイン論

この記事ではデザインの現場でよく使われるファイル形式の種類を一覧で解説します。

有名なものからあまり知られていないものまで多種多様です。

デザインを製作したけど、どんなファイル形式で保存しておけばいいかわからない。

入稿の際にどのようなファイル形式が適しているか。

ファイル形式のそれぞれの特徴などを1つずつ解説していきます。

 

Renton
Renton

これから紹介するファイル形式はあくまで僕の経験上、
よく扱われる形式のものをピックアップしています。

ここに紹介されていないファイル形式ももちろんあるので、そちらは別の機会に解説していきます。

スポンサーリンク

ファイル形式と拡張子

ファイル形式とは

パソコンやスマホなどで
指定のファイルをどのアプリケーションで扱うかを決めたフォーマットのことをいいます。

 

Renton
Renton

有名なところだとJPEG形式やPDF形式などが挙げられます。

ファイル形式にはそれぞれ製作したデータを記録するためのルールの違いがあります。

レイヤーを活かしたまま保存できる形式や、背景を透明にすることができる形式など様々です。

拡張子とは

ファイルの識別情報を表す文字列で、ファイル名のピリオドの後ろについている3〜4文字程度の文字列のことをいいます。

〇〇〇〇.jpgや〇〇〇〇.pngなどです。拡張子はファイルの種類によって決められています。

拡張子によって、それがどういうファイル形式でどのアプリケーションで制作・開けば良いかを判断するためのものです。

 

Renton
Renton

この拡張子を勝手に変更したりすると、突然ファイルが識別できなくなったりして、最悪ファイルが破損する恐れもあります。

 

スポンサーリンク

デザイン現場でよく使用されるファイル形式の種類

ai (Adobe Illustrator)

ai(エーアイ)データと呼ばれるイラストレーターで制作したデータ形式のことです。

イラストレーターでデザインされている方はこのファイル形式で保存することが無難です。

POINTai形式で保存してあれば、イラストレーターで再び、開き、再編集が可能です。

入稿の際もこのファイル形式のまま使用できます。

注意点としては、イラストレーターにはバージョンがありますので、aiデータだからといって、バージョンの高いイラストレーターで保存されたaiデータを低いバージョンのイラストレーターで開くときに互換性の問題で、アピアランスが分割されたり、最悪開かない場合もあります。

psd (Adobe Photoshop)

psd(ピーエスディー)データと呼ばれるフォトショップで制作したデータ形式のことです。

POINTpsdデータの最大の特長としては、“レイヤー構造を活かしたまま保存可能”ということです。

つまり、psd形式で保存しておくと、フォトショップで再編集が可能で、レイヤーも統合されず、かつ、入稿データとしても使えるデータ形式です。

デメリットとしては、
レイヤー構造を活かしたまま保存するので、データサイズが大きくなりやすいという点です。

 

スポンサーリンク

jpg (jpeg)

jpg(ジェイペグ)データと呼ばれるおそらく1番有名な画像データ形式のことです。

jpgの最大の利点は、画質を維持したまま、画像の容量を小さくすることができることが出来ます。
Renton
Renton

iPhoneやデジタルカメラで撮影された写真のほとんどがこのファイル形式を使っているため、ここまで有名になりました。

デメリットとしては、jpgはJPEG形式と呼ばれるフルカラーに対応した「非可逆圧縮」式の保存形式であることです。

非可逆圧縮とは、簡単にいうと、1度圧縮してしまうと元に戻すことが出来ない圧縮形式のことです。

POINTjpg保存はすればするほど、画像は荒れていき、元の状態には戻せません。

画質を維持したまま、画像の容量を小さくすること得意ですが、psdのような編集向きではありません。編集し、保存するたび画像が荒れていくためです。

jpegを印刷するときには解像度を確認が必須になりますので、入稿時にも気をつけなければいけません。

png (PING)

png(ピング)データと呼ばれるこちらも使い勝手の良い画像データ形式のことです。

pngはjpgとは逆の「可逆圧縮」式の保存形式であるので、画像の劣化がありません。

POINTpngのメリットとしては、透明・半透明機能が使えることです。
Renton
Renton

切り抜き画像を扱う場合に適しています。

デメリットとしては、jpgデータよりもファイルサイズが大きくなってしまうことです。

ですが切り抜きを伴う画像であれば、少しデータ容量が増えたとしてもpngを使用することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

gif (GIF)

gif(ジフ)データと呼ばれる画像データ形式のことです。
主にイラストやアイコンなどに使用されることが多いファイル形式です。

POINTgif最大のメリットはGIFアニメと呼ばれる動きのあるアニメーションに使えるということです。

画像ファイルなのに簡易的なアニメーションに使えるとあってネット広告など、
目を惹かせたいものに多く使用されています。

 

Renton
Renton

ちなみにgifは透明・半透明機能も使用することが出来ます。

デメリットとしては、使える色数が少ないため色数の多い写真やイラストなどの表現が不得意ということです。

画質も粗くなり印刷には不向きです。

tiff (TIFF)

tiff(ティフ)データと呼ばれる画像データ形式のことです。

POINTtiff形式は画像データを圧縮せずに保存するので画像が全く劣化しません。

よくカメラマンが納品データとして扱うデータ形式でtiffデータのことをオリジナルデータともいうことがあります。

デメリットとしては、無圧縮のためファイルサイズが他の画像ファイル形式と比べて格段に大きくなってしまうという点です。

 

Renton
Renton

基本的にtiffデータをそのまま使うことはあまりありません。

tiffデータをオリジナルデータとして残しておいて、サイズを調整してpsdやepsなどの別の形式に置き換えてデザイン作業することが多いです。

 

スポンサーリンク

eps (EPS)

eps(イーピーエス)データと呼ばれるファイル形式のことです。

POINTeps形式の特長としてはベクターデータとビットマップデータを組み合わせた画像を
保存することができることにあります。

さらにほぼ全てのDTOアプリケーションで開くことができる形式でとても万能です。

 

Renton
Renton

圧縮方法次第では画質をある程度保ったまま
ファイルサイズをかなり抑えることも出来ます。

ベクターデータにも対応しているため、epsファイルをイラストレーターで開くとベクターデータとして再編集が可能です。

デメリットとしては、イラストレーターでeps保存してもイラストレーター独自の編集機能が全て反映されないということです。再編集は可能ですが、向いてはいません。

epsをイラストレーターで開いて編集後はeps保存ではなくai形式で保存することをおすすめします。

PDF (portable Document Format)

PDF(ピーディーエフ)データと呼ばれるファイル形式のことです。

画像や文章などのあらゆるデータをあらゆる環境で忠実に再現することを目的としたファイル形式です。

 

Renton
Renton

PDFはその特性と便利さゆえに
今や世界中でオープンスタンダードとして使用されるファイル形式です。

PDFの最大の利点は、専用リーダーさえあれば、使用環境に左右されず、同じ文章・画像・デザインを閲覧することが出来ます。

画像保存すれば、レイアウトを崩さずどんな環境でも共有することが出来ますが、文章データは消えてしまいます。

 

POINT使用しているフォントも一時的に埋め込まれるので、文章データを活かしつつ、
どんな環境でも、デザインを崩さず閲覧できる
のはPDFの唯一無二の特長です。

この便利さゆえに、デザインの現場では校正のやりとり(クライアントにメールでデザインを確認してもらう場合など)に使用されたり、今ではPDF入稿も主流になりつつあります。

 

デメリットとしては、閲覧は無料の専用リーダーで誰でも出来ますが、PDFを編集するには有償のソフトが必要になることぐらいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?デザインの現場でよく使われているファイル形式をご紹介しました。

僕がデザイナーとして働く前から知っているものもあれば、働き始めてから知ったものもあります。

それぞれのメリット・デメリットもしっかり理解した上で最適なファイル形式で大事なデータを管理していきましょう!