AbobeIllustrator

イラレでリンク切れを防ぐ!リンク収集を自動でやる方法を解説

Abobe

こんにちは!レントンです!

今回はイラストレーターでのリンク画像収集機能について解説します!

イラストレーターでデザインをするときに画像を使ってデザインすることは多いと思います。

その際、データーを持ち出す場合やデータを入稿する場合などにはリンク画像を収集しなければ、新しい環境でリンク切れを起こします。

作業をしている際、リンク元の画像がどこからリンクされているかわからなくなったり、全てのリンク画像が集まっているか不安などのケースは必ず出てくると思います。

そんなときにイラストレーターには自動でリンク画像を収集してくれる機能が備わっていますので、その機能を使いこなしてリンク切れからおさらばしましょう!

リンク機能について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

イラレでの画像の埋め込み方法やリンク切れの原因などの仕組みを徹底解説
イラレでの画像の埋め込み方法やリンク切れの原因などの仕組みを解説します。画像の埋め込み状態とリンク状態の違いからそれぞれの利点や注意点、画像の埋め込み方法やリンクの仕組みからやり方までを詳しく解説しています。
スポンサーリンク

リンク収集機能“パッケージ”を使いこなす

パッケージとは

In Designではお馴染みの機能で、リンクされている画像を自動で1つのフォルダに収集してくれる機能の事です。バージョンCS6、CCからイラストレーターにも実装されました。

この機能を使えば簡単に自動で大元の画像データのコピーを使って画像収集を行うので漏れ無く、元の画像を移動させたり、削除する事もないので非常におすすめです。

注意点があるとすれば、CS5より前のバージョンのイラストレーターには実装されていないので、使えないという事です。

では、実際にパッケージ機能を使用してリンク画像収集してみます。

例としてこのような画像を複数使用したデザインデータを用意しました。

まずはデータを保存したら、メニューバー→ファイル→パッケージを選択します。

ショートカットキーはCommand +Option +Shift +Pです。

スポンサーリンク

すると、パッケージのパネルが出現します。この設定が僕が普段仕事でも使用している設定なので、よくわからない方は同じ設定にしてみてください。

場所→デスクトップ上に保存

フォルダ名→任意に設定可能

オプション→「リンクをコピー」「リンクされたファイルとドキュメントを再リンク」にチェック

「リンクをコピー」は大元の画像のコピーを収集する設定なので、大元の画像に修正を加える事なく、新たな画像として収集してくれます。

大元の画像データを変更したくない場合はチェックをいれておいてください。

「リンクされたファイルとドキュメントを再リンク」は先ほどコピーを収集したので、そのコピーを新たにリンクし直す設定です。

これをすれば、収集されたコピー画像を全てリンクし直すので、リンク切れの心配がなくなります。

ここで注意しなければならないのが、コピーした画像を再リンクしたので、大元の画像とのリンクは切れている状態なので、大元の画像を修正してもパッケージされたaiデータには反映されません。

ここまでチェックしたらパッケージのボタンを押します。

するとパッケージが正常に実行されるとこのようなメッセージが出ます。このメッセージが出たらパッケージは完了です。

デスクトップ上に新たに収集された画像とaiデータのコピーが1つのフォルダにまとめられています。

スポンサーリンク

CS5以下のバージョンでのリンク画像収集方法

パッケージ機能は非常に便利な機能ですが、古いバージョンのイラストレーターには搭載されていないので、別の方法で画像を収集する必要があります。

古いバージョンのイラストレーターの場合は「スクリプト」を使用して画像収集します。

まずは、メニューバー→ファイル→スクリプト→その他のスクリプトを選択します。

次に、Macintosh HDを選択します。その後は

アプリケーション→お使いのイラストレーター→スクリプティング→サンプルスクリプト→Apple Script→Collect for Output(バージョンによっては出力の修正)→Collect for Output→開くの順番に追ってください。

すると下記のようなメッセージが現れるので、OKをクリックします。

最後に保存場所を聞かれるので、左下の「新規フォルダ」をクリックし、新しく作ったフォルダの中にデータを収集するように設定してください。

まとめ

いかがでしたか?新しく搭載された「パッケージ」という機能は非常に便利で優秀です。

入稿時のリンク画像収集だけでなく、データを整理したいときや、リンクされていない不要な画像を選別するときなどにも使えます。

In Designには昔から搭載されていた機能だったので、イラストレーターにも早く搭載されないかとずっと待ってました。

今やイラストレーターでもページ物や複雑で画像を多く使用するデザインにも広く使われてきているからだとは思いますが、皆さんも今すぐに使用しなくても、こういう機能が今のイラストレーターにはあるのだということだけでも知っておいて欲しいです。

入稿データの作成方法が知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

イラレの入稿データの作り方【グラフィック入稿】
今回は印刷所やオンライン入稿する際のイラレでの入稿データの作り方について解説します!ここでご紹介するのは、基本的なことで、印刷物を入稿する際、最低限しておくことだけにしておきます。パッケージなどの複雑な入稿データには、抜き型や白版など一気に