photoshop

Photoshopで一眼レフで撮ったようなピンボケを表現する方法

photoshop

Photoshopで一眼レフカメラで撮ったような綺麗な背景のぼかし方を解説します。

以前からあった機能でぼかしフィルターのレンズというものがあります。

Photoshop CC 2020バーションからこの機能が強化され、より一眼レフで撮ったような綺麗なぼかし方ができるようになりました。

背景を綺麗にぼかすことは、ピントがあっている場所を作り出すことにもなります。

自分の思いのままにピントを合わせたい場所を決め、その他の背景をぼかすことが容易で、画像を後から思いのままに編集可能なので、是非この機会に覚えてしまってください。

スポンサーリンク

ぼかし(レンズ)とは

ぼかし(レンズ)とはフォトショップに搭載されているフィルター機能の中にある「ぼかし」の一種です。

このフィルターをかけることで、一眼レフで撮ったような自然な背景のぼかしを再現できます。

Renton
Renton

Photoshop CC 2020バーションから大幅に強化され、出力品質とパフォーマンスが改善しました。

写真の前景、背景、またはその中間の領域を対象にぼかし(レンズ)による画像効果を適用した際のシャープネスや境界部分などを含む被写体の全体的な画質の自然さがなどが向上しています。

ぼかし(レンズ)を使って任意の対象物にピントを合わせる

ではまず、Photoshop CC 2020バーションから向上したぼかし(レンズ)を使って、対象物にピントを合わせてみます。

今回はわかりやすいように下記のような2つの気球(どちらにもピントが合っている)の画像を用意しました。

用意した画像をフォトショップで開きます。

次に「クイックマスクモード」で選択範囲を作ります。

ここでは赤い気球にピントを合わしたように、赤い気球以外はぼかします。

「クイックマスクモード」の使い方がわからない方はこちらの記事に詳しく解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

Photoshopで境界線をぼかすクイックマスクモードで選択範囲を使ったやり方
Photoshopで境界線をぼかすことができるクイックマスクモードで選択範囲を作れば、仕上がりが自然な合成画像なども簡単に作れます。プロの現場でも重要視されている機能で、応用が効く画像編集の必須機能を現役デザイナーが徹底解説します。

 

スポンサーリンク

このように「クイックマスクモード」でぼかした選択範囲を作ります。

このとき、しっかりと赤い気球以外が選択されていることを確認してください。

ぼかしたい背景が選択されている状態で、メニューバー→フィルター→ぼかし→ぼかし(レンズ)

すると下記のようなプレビュー画面が出てきます。ここでぼかしの細かい設定が変更できます。

ここでは虹彩絞りの半径を「40」に設定しておきます。

するとこのように、一眼レフで赤い気球にピントを合わせて撮ったような写真にすることができました。

これでひとまず完成です。

スポンサーリンク

黄色の気球にピントを合わせてみる

ピントを合わせる箇所を自分で選ぶことができるので、同じ要領で今度は黄色の気球にピントを合わせて、その他の背景をぼかすようにしてみます。

先ほどと同じ方法で「クイックマスクモード」で選択範囲を作ります。

ここでは黄色の気球にピントを合わしたように、黄色の気球以外はぼかします。

同じ要領でぼかし(レンズ)をかけるとこのように、一眼レフで黄色の気球にピントを合わせて撮ったような写真にすることができました。

これで完成です。

まとめ

いかがでしたか?こんなに簡単に平凡な写真を一眼レフで撮ったような自然な背景のぼかしを活かした写真に編集することができました。

Photoshop CC 2020バーションから大幅に再現度が強化されたおかげで、クオリティ高くより自然なぼけ感を再現できるので、プロが撮ったような写真に仕上げられます。

写真を撮ってからどこにピントを合わせて、どこをぼかそうかなども後から編集できるのが、この機能の強みです。

一眼でまだうまくぼかした写真が撮れないという方や、細かい設定をしている時間が無いようなタイムリーな写真などは、とりあえず撮ってから後で落ち着いて編集しましょう!

インスタ等のSNSに載せる写真も、このひと加工するだけでかなり映える写真になるはずですので、是非使ってみてください。