Mac

Magic Mouse(マジックマウス)の使い方と設定方法を解説

Mac

マウスはデスクトップで作業する方は常に使っていると思います。毎日使うからこそマウスの設定を自分の使いやすいようにしてあげてください。

Renton
Renton

作業効率UPは自分の使用頻度が高いものから改善していくのが鉄則です。

マウスの反応の速さを上げ、クリックなどに役割を持たせてあげれば、ストレスも軽減され作業スピードも上がるはずです。

そこで、Magic Mouse(マジックマウス)の使い方を現役デザイナーが使い方と設定方法を解説します。

マウスの設定は簡単に出来てしまいますので、一度試してください。

スポンサーリンク

Appleの正規マウス Magic Mouse(マジックマウス)

僕はプライベートのiMacではMagic Mouse 2(マジックマウス)を愛用しています。

ワイヤレスなので有線コードが邪魔になることもありませんし、絡まないので見た目的にも美しく作業効率は非常に高いと思います。さすがはAppleの出すマウスだなぁというところです。

Renton
Renton

僕はMacでマウスを使用するならマジックマウスをオススメします。

これからもMacのアップデートや開発もApple正規品であるマジックマウスをベースに考えていくはずなので、早めにマジックマウスにしておけば、後々、互換性も含めトラブルが起きにくいと思います。

値段以外は特に不満もありませんし、毎日使う頻度が高いものはケチらず良いものを使うことをオススメします。

もちろん、Macではマジックマウス以外のマウスは使えないということではありません。

Magic Mouse(マジックマウス)の特長

マジックマウスの特長として、一般的なマウスに付いているコロコロとスクロールする部分がありません。

POINTマジックマウスの表面はトラックパッドの役割をこなしています。

表面がツルツルとしていますが、この部分がトラックパッドになっていることから様々なジェスチャーアクションを起こすことが出来ます。

Renton
Renton

これが非常に便利で、作業スピードをあげるのに一役買っています。

スポンサーリンク

Magic Mouse(マジックマウス)の使い方と設定

ではいよいよマジックマウスの使い方と設定です。

マウスの設定はシステム環境設定→マウスをクリックします。するとマウスの設定をするウィンドウが開かれます。

ここで大きく分けて「ポイントとクリック」「その他のジェスチャ」の設定を行います。

ポイントとクリックを設定する画面では、「スクロールの方向」「副ボタンのクリック」「スマートズーム」を設定できます。

①スクロールの方向 : ナチュラル

ここではマジックマウスのスクロール方向を設定します。

この項目にチェックを入れると、下方向に指をスクロールさせると画面が下方向にスクロールしていきます。

チェックを外すと、下方向に指をスクロールさせると画面が上方向にスクロールしていきます。

POINTチェックを入れると指のスクロール方向と、画面のスクロール方向が同じになります。

②副ボタンのクリック

ここでは副ボタンを設定します。

この項目にチェックを入れると、副ボタン(主に右クリック)が有効になります。チェックを外すと、副ボタン(主に右クリック)が無効になります。

POINTチェックを入れると副ボタン(主に右クリック)が使えるようになります。

副ボタンのクリックというすぐ下に薄く「右側をクリック」という項目があり、一応左側をクリックにすることもできますが、右と左で分けた方がいいので、このまま右側の設定で良いかと思います。

③スマートズーム

ここではスマートズームを設定します。

この項目にチェックを入れると、マジックマウス上をダブルタップ(2回ポンポンと叩く)すると画面をズームすることが出来ます。チェックを外すと、このジャスチャーが使えなくなります。

Renton
Renton

ズームを戻したい時はもう一度ダブルタップすれば元に戻ります。

この機能は意図しない時にズームがされてしまう時がたまに起きますので、煩わしいという方はチェックを外しておいてください。

④軌跡の速さ

最後に軌跡の速さを設定します。

この速さはメモリ上になっていて自分で好みの速さに調節出来ます。

Renton
Renton

僕はこの軌跡の速さはMAXにしています。

やはりマウスの反応スピードはある程度早くないと効率が悪いです。

速さをMAXにしてもマジックマウスの設定上、ストレスない速さだと思います。個人的には作業する分には快適だと思います。

僕の後輩でこの設定の速さでも物足りなく、マジックマウス以外のマウスでスピードを爆速にして作業していましたが、僕が使ったらマウススピードが速すぎてカーソルが消えてどこに行ったかわからなくなるレベルでした。

POINT少しマウスを動かしただけで画面の端から端までカーソルが行ってしまうほど反応スピードをあげるのは、作業効率が逆に下がります。

マウスの反応スピードはほどほどにしておいた方が良いです。

スポンサーリンク

ここまで設定が出来たら次に「その他のジェスチャ」に移ります。

ここでは「ページ間をスワイプ」「フルスクリーンアプリケーション間をスワイプ」「Mission Control」を設定できます。

⑤ページ間をスワイプ

ここではページ間のスワイプを設定します。

この項目にチェックを入れると、マジックマウス上を1本指で右にスワイプ(右スライド)すると1画面前に戻ることが出来ます。

逆にマジックマウス上を1本指で左にスワイプ(左スライド)すると1画面先に進むことが出来ます。

このスワイプの仕方はページ間のスワイプのすぐ下に薄く「1本指で左右にスワイプ」という項目があるので、好みに合わせて設定をしてください。

Renton
Renton

ページを行き来したい時に、いちいち戻るボタンを押したり、先ほどまでいたページまでクリックして進む手間が省けます。

⑥フルスクリーンアプリケーション間をスワイプ

ここではフルスクリーンアプリケーション間をスワイプする設定します。

この項目にチェックを入れると、マジックマウス上を2本指で左右にスワイプするとフルスクリーンアプリケーションの行き来が出来ます。

Renton
Renton

この設定は僕は普段オフ状態にしています。

その理由としては使う頻度があまり高くないからというのと、2本指スワイプがなかなか難しいという点からです。

なので無理に設定しなくても良いと思いますので、フルスクリーンアプリケーションを頻繁に使われる方のみチェックを入れておいてください。

⑦Mission Control

ここではMission Controlの設定します。

この項目にチェックを入れると、マジックマウス上を2本指でダブルタップ(2回ポンポンと叩く)すると、今開いているウィンドウが一覧になって表示されます。

Renton
Renton

この設定は個人的にオススメです。

普段からいくつもウインドウを開きながら作業をする方は多いと思いますが、作業しているうちにウインドウがいくつも重なり、目当てのウインドウが隠れてしまう現象に陥りますが、

このMission Controlを設定しておけば、マウスをダブルタップするだけで埋もれていたウインドウを引っ張り上げることが出来ます。

⑧Bluetoothマウスを設定

ここではBluetoothマウスの設定します。

今の時代、ほとんどの方がBluetoothマウスを使用されていると思います。

BluetoothマウスをMacに接続したい場合はここをクリックしてデバイス欄に対象のBluetoothマウスが表示され、「接続済み」となれば接続完了です。

スポンサーリンク

Magic Mouse(マジックマウス)の使い方と設定まとめ

Magic Mouse(マジックマウス)の使い方を現役デザイナーが使い方と設定方法を解説しました。

Renton
Renton

マジックマウスの設定をしてあげればいくつかのジェスチャーで効率的に作業ができるようになるはずです。

もっと細かなジェスチャーや設定を行えるアプリなどもあるようなので、デフォルト設定では物足りない方はそちらも試してみてください。

デザインだけでなく、Macユーザーならマジックマウスはおすすめです。是非試してみてください。