Mac

Macの動作が遅いと感じる人に!Macの動作を軽くするための5つの方法

Mac

Apple製品が普及して作業環境がMacの方も増えてきていると思います。

作業効率を上げるためにMacのパフォーマンスは非常に重要です。皆さんのお使いのMacで「最近動作が重くなった?」「もっとサクサク作業したい」などのお悩みの方もいるかと思います。

僕も普段仕事ではMac proを使用していますが、この記事では、Macのパフォーマンスを上げるにはどうしたら良いかを色々試したり、先輩のデザイナーに聞き回ったりして学んだことをお伝えしたいと思います。

Macの環境を整理して、最高のパフォーマンスを発揮できる状態にしてあげれば、Macは非常に優秀で便利なツールになるはずです!

スポンサーリンク

Macのスペックはあんまり関係ない!?

まず、2015年以降くらいにAppleから発売されているMacは現代のPC業界でもかなり優秀な出来です!

作業スピードが遅いのはスペックが低いから?と感じることもあるかと思いますが、仮に現代モデルのMacの最低スペックで作業していたとしても、重すぎて話にならん!とまではなりません。

それは下記のポイントを改善すれば体感スピードも変わると思います。

Renton
Renton

例外があるとすれば映像関係などを扱う方々くらいだと思います。

映像関係のデータは容量がどうしても大きいため、その大容量のデータをいくつも扱えばどうしても低スペックでは限界が来てしまいます。

ですが、グラフィックを主に扱う僕でも今ではMacのパフォーマンスが気になることはほとんどありません。

常識的なサイズのデータを正しく扱っていれば、大抵の方々は今お使いのMacでも十分だと思います。

POINT動作スピードが遅いから高スペックに買い換えたとしてもそこまで改善されないかもしれません。

もちろんCPUが高ければ処理能力も上がり、スピードは確実に上がります。

ですがまずは今お使いのMacで最高のパフォーマンスを発揮できる環境に整えてあげて、それでも不満に思う方は高スペックに買い換える。

という順番でも遅くはないはずです!Macは値段も高いですしね…

Macのストレージを確認

まずお使いのMacのストレージ(容量)が現状どれくらいなのかを確認します。

確認方法は、左上のAppleマークをクリック→このMacについて→上部のストレージをクリックでHD内の容量をどのデータがどれだけ使用しているかが色分けして表示されます。

ゴミ箱を空にする

一番簡単かつ、一気にストレージを空けられる方法としてはゴミ箱を空にすることです!

ドックの端っこにはゴミ箱のアイコンがあり、いらなくなったデータはゴミ箱にポイします。

みなさん当たり前にやっていることだと思います。

ですが意外と知られていないのが、「ゴミ箱に捨てただけだとMacの容量は減っていない」ということです。

現実の世界でもゴミ箱にゴミをポイしても、ゴミ箱の中にゴミは残り続けます。

POINTゴミ箱を空にするという作業をしない限り、ただゴミ箱というフォルダーにゴミを移してまとめてあるということです。

Macのパフーマンスはストレージが圧迫されていると落ちると言われています。

まずはMac内のいらないデータを削除して整理しましょう!

ゴミ箱の中身を空にするには、ドックのゴミ箱をクリック→右上の空にするをクリック

これで完了です!簡単ですね!

容量がどれだけ削除できたかをストレージで確認してみましょう。

ゴミ箱を空にするのを定期的にやっていない方は案外大きい容量が空けられます。

スポンサーリンク

ダウンロード履歴を削除する

次にやることは、画像や動画など様々なデータをダウンロードすることがありますが、そのダウンロード履歴が残っていることがよくあります。

そこを整理してあげるだけでも大きく容量を削ることができます。

ダウンロード履歴を確認するには、デスクトップ画面上部のメニューバー→移動→ダウンロードをクリックします。

かつてダウンロードしたデータが一式ここに入っています。

いらないデータを削除してしまいましょう。

POINT重要なデータはダウンロード欄から別の場所に移しておくのがおすすめ

そうすればいちいちデータを開いて確認したりする作業が減るからです。

普段から重要なデータはダウンロードしたら別の場所に移しておくという癖をつけておけば、履歴を整理しようと思ったら確認せず一括で削除してしまえます。

Renton
Renton

データを消すときは自己責任でお願いします。

不要なアプリケーションを削除する

ダウンロード履歴の削除とともに、不要なアプリケーションも削除してしまいましょう!

アプリケーションの管理画面へは、デスクトップ画面上部のメニューバー→移動→アプリケーションをクリックします。

ここから不要なアプリケーションを削除しますが、アプリケーションはダウンロード履歴を削除するよりもより慎重に実行するのをおすすめします。

なぜならシステムに関係するアプリケーション、システムを補助する役割のあるアプリケーションなども存在します。

Renton
Renton

それら重要なアプリケーションを削除してしまうことでMacに不具合が生じるケースもあります。

アプリケーションは自分の意思でダウンロードして入れたけど、もう使う必要がないと確実に言い切れるものだけにしておきましょう!

ブラウザのキャッシュをクリアする

WEBブラウザでネットサーフィンをする方々が大半かと思いますが、ネットサーフィンをしているうちに内部的に「キャッシュ」というものが溜まっていきます。

こちらはなかなか気づきにくく、放置しがちなので、定期的に削除していきましょう。

こちらは各ブラウザごとにやり方が変わってくると思いますので、こちらの記事を参考にしてください。

ブラウザのキャッシュを削除する方法【chromeとSafari編】
こんにちは!レントンです! 今回はWebブラウザのキャッシュを削除して快適にWebページを快適に閲覧できるような方...

 

Macのキャッシュをクリアする【セーフブート】

最後にMac自体のキャッシュを削除します。

Macには「セーフブート」という機能があります。

POINT起動しながら様々なシステムのチェックを行い、一部のソフトウェアが自動的に読み込まれたり、起動したりしないよう阻止した状態でMacが起動される機能が「セーフブート」

またこの時に同時に様々なキャッシュが削除されるという便利な機能です。

これを行うと、Macの基盤のシステムが正常に機能しているかチェックするという役目も果たすので、定期的に実行してもらいたい機能です。

セーフブートのやり方

 

  1. Macをシステム終了する
  2. 電源オフの状態であることを確認する
  3. 電源ボタンを押してMacを起動
  4. 電源ボタンを押した直後から「Shift」キーを押し、押し続ける
  5. ログイン画面が出たら「Shift」キーを離す

 

これでMacを立ち上げた時に右上にセーフブートと表示されて入ればセーフブート成功となります。

まとめ

 

この記事のまとめ

ゴミ箱を空にする
ダウンロード履歴を削除する
不要なアプリケーションを削除する
ブラウザのキャッシュを削除する
セーフブートを行う

 

以上の方法を試してみると自分のMacが少し軽くなってサクサク動くように感じられませんか?

これらはMacのパフォーマンスをあげる上でも重要なので、定期的に実行して作業効率をあげてください。