AppleMac

ブラウザのキャッシュを削除する方法【chromeとSafari編】

Apple

こんにちは!レントンです!

今回はWebブラウザのキャッシュを削除して快適にWebページを快適に閲覧できるような方法をご紹介します。

Web閲覧で情報を集める際、動作がいちいち重い、スピーディにページが表示されないなどは致命的ですよね?素早くサクッと知りたい情報が得られないと、とてもストレスがたまります。

この記事では需要が高いであろう「Google chrome」と「Safari」のキャッシュクリア方法について解説しています。Webページの更新が遅いのは速度制限が理由ではない場合はキャッシュをクリアにすると改善される可能性がありますので、お困りの方は参考にしてください。

スポンサーリンク

キャッシュとは?

キャッシュとは開いたWebページの情報を一時的に保存しておくシステムのことです。

これがあることにより、次同じページを開いた時にキャッシュより表示スピードが上がるという利点があります。

新しいページを開いた時にはそのページの情報を内部的に全てダウンロードしています。初めて開くWebページより、何回も閲覧しているWebページの方が早く表示させられるのは、キャッシュが残っていて画像やテキストデータを一時的に保存していて、そこから表示させているためです。

Cookie(クッキー)とは?

CookieとはWebページを訪問したユーザーの「ユーザー情報」を一時的に保存しておくシステムのことです。

最近はなんでもかんでもIDやパスワードを要求されるようになってきています。ネット社会で個人情報を守るためには仕方のない事かもしれませんが、煩わしいですよね。

そこでCookieの機能が役立ちます。ユーザー情報とはIDやパスワードや、住所などの個人情報のことで、Cookieはこのようなユーザー情報を一時的に保存しておけます。

それにより、よく使う会員サイトなどは開けば勝手にログイン状態になっていたりする訳です。

このユーザー情報までを一時的に保存しておくことが出来るという点がキャッシュとは違います。よく「Cookieを有効にしてください」と表示されることはありませんか?これは「IDやパスワード等の個人情報を保存することを承諾してください」という意味です。

IDやパスワードを怖いから保存しておきたくないという方はCookieを削除して、有効にしてくださいという表示(パスワードを保存しますか?という表示)を有効にしなければ問題はありません。

ログイン時に都度、入力の手間は増えてしまいますがその方が安全かと思います。

Google Chromeのキャッシュを削除する

Google Chromeのキャッシュの削除方法は、まずGoogle Chromeを開いている状態でメニューバーのChromeをクリックします。

その際に「閲覧履歴を削除」という項目があるのでクリックします。するとこのような画面が開きます。

この項目で現在の状況が確認できます。

削除したい項目もチェックマークで選べるので、消したい項目をご自由に選んで消してください。

個人的には「閲覧履歴」「ダウンロード履歴」「Cookieと他サイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」の4つの項目のデータを削除しておくと良いかと思います。

パスワードやログイン情報など消してしまうと次サイトを開いた時にIDやパスワードを一から入力する手間が発生してしまうからです。

消したい項目にチェックを入れたらデータを削除をクリックして終了です。

スポンサーリンク

Safariのキャッシュを削除する

Safariのキャッシュの削除方法は、まずSafariを開いている状態でメニューバーのSafariをクリックします。

その際に「履歴を消去」という項目があるのでクリックします。するとこのような画面が開きます。

消去の対象を選べますので、お好きな期間を選び消去します。

ここで注意なのが、このやり方だとキャッシュだけでなく、閲覧履歴などやCookie情報をすべて消去されてしまいます。

Webブラウザの動作を軽くする目的なら全て綺麗に削除してしまった方が効果は大きくなりますが、消したくないCookieなどのあるかと思います。その際はキャッシュだけを空にする方法がありますので、こちらを活用してください。

 

キャッシュだけを空にする方法

まずSafariを開いている状態でメニューバーのSafariをクリックします。その際に「環境設定」という項目があるのでクリックします。するとこのような画面が開きます。

この画面の上段右側に詳細(歯車マーク)があるのでクリック→詳細の1番下の「メニューバーに“開発”メニューを表示」にチェックを入れます。

チェックを入れたらひとまずこの画面は閉じます。

次にSafariを開いている状態でメニューバーの開発をクリックします。(先ほどまでは表示されてなかったはずです)すると「キャッシュを空にする」という項目があるのでクリックします。これでキャッシュのみを削除することが出来ました。

まとめ

いかがでしたか?WebブラウザのキャッシュやCookieは閲覧しているうちに見えないところにどんどん溜まっていきます。

動作が重いな!と思う前に定期的に削除する癖をつけていくと常に快適にWeb閲覧が可能になりますよ!

情報収集はスピードが命とよく言われますし、仕事でWebを活用して情報収集をしていて、スピードにストレスを感じているなら間違いなく、試してみて欲しいです。

効率的に快適にWebで情報収集しましょう!