AbobeIllustrator

クリッピングマスクとは?イラレ初心者の為に徹底解説

Abobe

Illustratorでのクリッピングマスクのやり方をご紹介します。

クリッピングマスクとは簡単にいうとオブジェクトで画像などをくり抜く方法です。

デザインするにあたってこのクリッピングマスクは非常に使用頻度が高い機能になります。

 

Renton
Renton

プロもクリッピングマスクは頻繁に使用します。

やり方は非常に簡単に出来ますし、頻繁に使用するのでこの機会にマスターしてください。

スポンサーリンク

クリッピングマスクのやり方

まずIllustratorを起動したら、command+Nで新規ドキュメントを作成します。

まず、くり抜きたい素材画像と、くり抜きたい形のオブジェクトを用意します。

次に画像とオブジェクトを重なるように配置します。

POINT必ず画像の上にオブジェクトを重ねるように乗せる
スポンサーリンク

 

クリッピングマスクで最も重要なのは、重なり合う順番がとても重要になってきます。

 

Renton
Renton

クリッピングマスクが出来ない方はこの重なり合う順番が間違っていケースがほとんどです。

POINT型にするオブジェクトを必ずマスクしたい素材の上に持ってくる

正しい順番で重なり合わせたら、オブジェクトと画像を一緒に選択します。

この同時に2つ選択した状態で、Command+7を押します。

 

するとオブジェクトで下の画像をくり抜く事が出来ました。

クリッピングマスクを解除したい場合はCommand+option+7で元に戻せます。

形はパスが閉じられたものであればどんなものでもマスクが出来てしまいます。

 

このように文字もアウトラインを取ってしまえば可能です

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?非常に簡単ですが、非常に応用が効き、デザインの幅を広げてくれます。

ここでは画像を用いましたが、クリッピングマスクなら画像だけでなく、パスで出来たパターン柄やパスをパスでマスクすることも可能です。

クリッピングマスクはやっていて楽しいので皆さんもこの機能でぜひ試してみてください。