Abobephotoshop

Photoshopで選択範囲を自動で作る画像の切り抜き方法

Abobe

こんにちは!レントンです!

ここではPhotoshopで選択範囲を自動で作る画像の切り抜き方法を解説します!

僕もPhotoshopを初めて起動させて最初に画像の切り抜きをしたのを覚えています!方法はいくつかありますが、重要なのはどういう状態になっているのか、この切り抜きはどういう利点と欠点があるのかををしっかり理解してベストな方法で切り抜きを行なってください。

スポンサーリンク

自動選択による切り抜き

まずは1番簡単な切り抜きの方法から解説します!

それは、自動選択ツールによる切り抜きです!さぁ実践してみます!

まずはPhotoshopを起動させ、Command+Nで新規ドキュメントを立ち上げます

次に、切り抜きたい画像をPhotoshopで開きます!今回切り抜きやすいりんごの画像を持ってきました

ここまで準備が出来たら左のツールバーにある自動選択ツールをクリックします。すると矢印アイコンがキラキラしたペン状のアイコンに変わりました。

次に白い背景部分をクリックします!すると白い背景部分だけが点線で囲まれました!

これは選択範囲といって囲まれている部分とそうでない部分に分ける為のものです。ここでお気づきかと思いますが、りんごの影の部分は選択範囲外になっています。そこも背景としてりんごとは分けたいので、さらに続けます。

点線が点滅している状態でさらに、shiftキーを押しながら影の部分をクリックします!

するとこのようになります

shiftを押しながらクリックすると今選択されている部分にプラスで選択範囲を選択してくれるようになります。なので切り抜きたい部分とそうでない部分を綺麗に分けてしまうまで続けてください。

ここまで切り抜きたい部分とそうでない部分をはっきり分けてしまえればあとはいかようにも方法はありますが、ここでは僕がよくやる方法でいきます!

次にCommand+shift+iを同時に押してください。

するとわかりにくいかと思いますが、今までは点線が外側に付いていたのが消えましたね!これは選択範囲を逆転したのです。

簡単にいうと、今まで選択されていたのは白い背景だったのですが、逆転することにより今度はりんごが選択されている状態になった訳です!

では次にCommand+jを同時に押してください。

すると点線が消え、レイヤーが1つ増えました!これは選択されていた部分をレイヤーごとコピーしたということです!新しく増えたレイヤーをみてみるとわかりますがりんごだけが切り抜かれたレイヤーになっています!背景の色を変えてみるとよくわかります。

スポンサーリンク

なぜこの方法なのか?

ここまでは理解出来たでしょうか?

選択範囲を設定してから少し回りくどいやり方を取りましたが、その理由としては

①この方法だと元画像を残したまま切り抜ける

切り抜いたレイヤーの下に切り抜く前のオリジナル画像がそのまま残っているかと思います。白い背景を選択した状態でdeleteしてしまえばそれでも切り抜きは完了しますが、あとで「ここの切り抜きが甘かったからやり直したい」といった時の為に保険としてオリジナルデータを残しておけるという利点があります。プロとして働いているとその辺のリスク管理は当たり前で、あとでいくらでも修正可能な状態にしておくことが身についてしまっている為でもあります。プロでなくともこういうデータにしておくのはおすすめです!

②背景を選択することによって簡単に選択範囲を作れる

最後選択範囲を逆転するなら初めからりんごをクリックして選択範囲を作ればいいじゃん!と思った方もいるかと思います。

そもそもこの自動選択ツールという機能は色と色の境が離れている部分を数値でPhotoshopが勝手に判断して選択範囲を作ってくれるものです。初めからりんごを選択しようとすると赤い外側の部分と黄身がかった中身、葉っぱの緑、枝の茶色という風に分けなくてもいいと思っている部分まで分かれて選択されてしまいます。Photoshopは何もこれをりんごであると認識して選択範囲を作っている訳ではないのです。色が複雑に分かれていればいるほど細分化されてしまします。しかし、背景は主に白1色ですので、機械的には白とその他で境目を作ってくれる訳です。このことを理解しているかしていないかでどちらを選択対象にするかを迷うこともなくなるはずです!

保存形式に付いての注意

お疲れ様です!切り抜きは完了しました!

ですが、最後に保存形式に付いて解説します!

データは最後保存すると思いますが、保存形式によってはせっかく切り抜いたのに切り抜かれていないデータになってしまう恐れがあります。。データ形式はたくさんあって何がなんだかわからないと思います。全部細かく解説すると長くなるので、ここでは切り抜き状態で保存できる形式だけをお伝えします!ズバリ、、

psdデータorPNGデータで保存してください!

それ以外の形式(例えばjpeg)で保存すると切り抜かれた背景部分が勝手に統合され背景が真っ白になります。。

PNGはデータ容量的にも軽く扱い安いので個人的にはオススメですが、また1から編集が出来ません。。もしまた画像を編集したいと思うならpsdデータで大元のデータは残しておくのは重要です!

まとめ

①自動選択ツールで背景をクリック

②選択範囲を作れたらCommnd+shift+iで選択範囲を反転する

③Command+jでレイヤーを複製

④psdデータかPNGデータで保存

いかがでしたか?切り抜きには切り抜きたい画像によって難易度は変わってきます。今回は切り抜きがしやすい画像を選んでいますのでこんなにスムーズに切り抜きが出来ました。切り抜きたい画像によってはこの自動選択ツールがうまく活かせない場合も出てくると思います。切り抜く方法は他にもあるので、ダメであれば他の方法をお試しください。他の方法も記事にしておきますので、そちらも参考にしてみてください。